FC2ブログ
2012-03-12

変える!

3月は卒業、入学の学校行事で体育館が使用出来ない年1回の月。

それでも今月は親御さんが体育館をとって頂いて、かつ高校や交流会を
させて頂き、通常並に練習が出来る。

「感謝」。


そして本日、

今日から全ての面で「変える」と宣言した最初の練習日。

取り組み姿勢、返事、挨拶、行動、練習等々。

実際それぞれの項目を見てみると、やはり今まで指摘出来ていない或いは、
言葉不足だった部分があったかもしれない。

とにかく、出来るまで地道に「伝えて」いくしかないな。


で、本日の練習。

・シューティング
・3メン
・3-3ハリーバック
・4-4

先ずは、ほんの「1歩」だけ前進したかな??

ちょっとだけ「意識」するだけで、全ての面で変わってくるんだよな。

でもこれから「継続」とさらなる「前進」が必要!


「まだまだ」!

2012-03-01

嬉しい悲鳴!

たかが一日練習がなかっただけだが、久しぶりに感じた今日の練習。

本日はホームコートが使用不可能だった為、事前にとって頂いた体育館で
通常練習スタート!

テストも終わり正規メンバーもほぼ全員顔を揃えた。


でも今日の人数「多ぉ」!

決して狭くはない体育館もメンバー達によって埋め尽くされた。

今日は体験入団の新1年生6名に新2年生2名、小学生2名が加わり

ざっと25名!

BEAT jr.史上最大のメンバーが集まった。

大変「嬉しい悲鳴」でもあるが、今までにない人数でこれだけのレベルの差があると
正直今一度練習を見直さなければいけなくなる。

新メニュー作成に早々に着手しなければならない。

それでも、本日は特別な練習をせず、通常練習を行った。
シューティングを一通り皆で終えた後、体験中の小学生と分けいつもの練習へ移る。

・先読みディフェンス
・追い込みディフェンス
・3-3カバー
・4-4

通常練習には新2年生2名も入れて一緒に行ったが、まだまだ現メンバーの技術以外の
力の無さが露呈された。

練習毎にはそれぞれ言葉で「教える」事が出来ても、動きながらの「指示」或いは
「声」での伝達が出来ていない。

まぁ、出しゃばりも、我を通す奴もいなくて、淡々と練習をこなす大人しい奴ばかりの
BEAT jr.、急に「やれっ」と言っても難しいことか・・・。

でも、せっかくこれだけのメンバーがいるのなら声を掛け合い、チームの「雰囲気」作りも
良い方向へと変えて行かなくてはいけない。
まだ右も左も分からないメンバーがいるなら尚更だ、それも下級生の後輩達ばかり。

体験入団をする子供達は、練習内容とか指導内容も当然見ながら検討するのだと思うが、
それより、「雰囲気」の良いとこでやりたいのが一番だと思う。

「活気」

今チーム内で足らない1つ。

悪い伝統を作るのではなく、ひと目で「入りたい」と言われるチームに皆でして行こまい!

2012-02-21

理解

今日はしまちゃんも(珍しく?)仕事でお休み。
自分も少し遅れて体育館に到着、すると既にひろちゃんが練習をしてくれていた。
ほんと助かるね…。

17名、11校から構成される我がBeat Jr.、もっぱら学年末のテスト週間中の今日、
4人のメンバーと体験入団3人の新1年生の計7人で改めて基礎の確認をする。

そうそう、その体験入団3人の新1年生も正式に入団が決定!
既に入団が決定している新1年生メンバーも合わせると総勢23名となり、ますます気合が入るね。

ホント、いままでテスト週間ともなると、2~3人でほぼマンツーマン状態だったのが通例…。

特に今日はメンバーから新1年生に対し、これまでやってきた基礎練習の手ほどきをしてもらった。

・突き出し
・対面シュート
・シェービング

「教える」ということは当然自身が理解できていないと教えることができない訳だが、首をかしげ
ながらも頑張っていたっけ。

「率先垂範」(そっせんすいはん)

顔を赤らめながらも、いつになく良い姿勢で“模範”となっていたよ、ありがとな(笑)

2012-02-19

負けず嫌い!?

本日はテスト週間真っ只中!

で、今日の参加は1,2生のメンバー1名づつの2名のみ。

「まぁ、こればかりはしょうがない」。

そこに体験入団の新1年生3名が参加。

結果的にスタッフ3名に高校生が入って、大人4名に対して子供5名。

こんな時に、「個々」に「時間」をかけて伝えることができる。
違う意味で「良い環境」じゃないのかな?(笑)


体力の衰えも感じる我々スタッフは毎練習に一緒に参加して動くわけではないが、
それでも一緒に入って動く時は奴らには「負けない」ようやっているつもり。

いやっ、まだギリギリ負けないだろ!(笑)
負けず嫌いの我々は少なくてもそう思ってやっている・・・。

だから、奴等は奴等で決して「萎縮」、「引いて」やるべきではない。

むしろ「引導」を渡すくらいの強い気持ちで向かってきてほしいとこだね!

フィジカルでは上の大人と「対等」に、或いはそれ以上出来るなら
同じ中学生相手に負ける要素ないだろ!?

要は「前向き」に考えたら、大人相手、高校生相手だって良い練習なんだよ。


もっとも、既に「体力」では負けてますが・・・・(泣)


まぁ、いろんな環境があるBEAT jr.、楽しいところです。

2012-02-16

イメージ

例年にない「寒さ」が続く今日。
もうそろそろ「春」とかいう言葉も出そうな時期なのに未だその寒さは
劣れをみせない。

今もなお風邪とかインフルも多いと聞くが皆十分気をつけてほしいね。


さて、本日の練習はテスト週間に突入してメンバーも激減。

それでも4月に正式に新1年生になるメンバーが3名、それに加え
同じく新1年生になる「体験入団」が3名も参加。

新たな「風」が入ってきて、良い気配が到来している現在のBEAT jr.。


以前からそうだが、メンバーが少なくてもその都度練習を考えて
こなしていけば良いと考えている。

メンバーが集まればチーム練習は出来るが、いなければ個人練習に切り替え。
そこは「臨機応変」に対応しなければね。

そして、今日の練習はシューティング練習と3-3に変更。

昔から一般的に言われている事で、シュート率を上げるには、
「とにかくシュートを打ちまくれ」的なことをよく聞く。

自分もそうは思うが、「最初」のうちは、それには加え、
「イメージを持つ」事を付け加えている。

イメージとは?

・シュート毎の自分のタイミング
・ジャンプ、フォロースルー、スナップ等のフォーム
・ボールの回転とかシュートの軌道であるとかその距離
・仮想ディフェンス(試合時を想定)をおいてのシュート
等々

ただ打てっているだけではなく、常に何かを「意識」して
良いイメージを持って取り組む事が大切だと考えている。

その後、最後は量をこなし自分の「感覚」として身に付ける。

難しいこと考えさせないで、勝手にやらせろって言われそうだが、
「シュート」1本打つのも「有意義」にやってもらいたいという事ですわ。

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground