FC2ブログ
2016-11-06

「2016応時杯」2日目

応時杯2日目の決勝リーグは予選の3つの会場上位
4チーム、計12チームのトーナメントで始まりました。
予選1位通過したBEATは準々決勝からスタート。

20161105DSC_0252.jpg

その相手は県内のクラブだが個の能力も高く、チーム
バランスも非常に良いチーム。
これまで対戦はなかったが一度お相手したかった相手。

その序盤はいつもと変わらないスタイルで入っていったが
初戦にしては珍しく入りは良い。
オールコートからのディフェンスで失点を最小限に抑え得点
を積み重ねて大きくリードする。
後半に入ってベンチメンバーも参加するも地力のある相手
にやや圧されていくが、それでも前半の貯金を残したまま
先ずは快勝。

やはり「入り」が大切だね。
データこそ取ってはないが、これまで序盤から立て続けに
得点した時の勝率はかなり高いと思う。
序盤からのタイトなディフェンスから得点という勝利の
方程式を掴んでもらいたいところだね。


次の試合は準決勝、昨日の予選で対戦済みのやはり同郷
のチーム。
この試合は先の試合と正反対でまたも先制されて追っていく
展開になってしまう展開からスタート。
「ムラがある」って言うのはこの事なんだろうか。
そしていつものように後半にディフェンスで立て直して逆転
勝利、何とか決勝に駒を進めた。

正直、頭が痛い。
これまで幾度かいろんな経験をしてきて結果も残し、決して
力がないわけでもないだがどうも安定しない。
そろそろ自信を持ったらどうだろうか?
ベンチの指示はあっても実際戦っているのはお前達なんだよ。
十分に力はついてるよ。
後は信じてやる心を持つだけ。

20161105DSC_0235.jpg

そして決勝戦の相手は香川県のクラブチーム。
全中出場、県選抜クラスのメンバーをようする優勝候補筆頭チーム。
上背はないが個がそれぞれ考えるバスケができてバスケを良く
知っているという感のあるチーム。
現在のうちとは対照的なチームかもね(笑)

その前半戦はほぼ互角。
後半になってうちのミスが出てやや劣勢になるとそのミスをつかれ
得点を許す。
そのままその失点のまま終わり残念ながら敗退。
小さなミスが最後まで響いた形で終えてしまった。
接戦ではミスした方が負ける、まさにその通りだったね。

でも後日知ったのはこのチーム決勝まで終始タイムアウトを
取らなかったと言う。
要は最後までオンザコートのメンバーで戦っていたという事。
うちが今望んでいた事をそのままやっていた、やはり強いはずだ。
格上相手と戦ってそれを吸収し自分の糧としていく、今回も
その相手の良いとこをとって次に繋げていこう!

20161105DSC_0675.jpg

今シーズン最後のカップ戦となったこの大会、最後力が足らず
終えてしまった。
当然笑って終わりたかったが、笑って終わるところは次の本番
の選手権にとっておきます。

まだ時間はある。
今回の課題を持って帰り必ずステップアップしていこまい!

「STEP BY STEP」 BY BEAT Jr.♪

20161105DSC_0689.jpg

多会場、多チーム数にも関わらずこの2日間多大なる力で
運営して頂きました畑中先生並びに大会関係者の皆様誠に
有難うございました。

チームとしてもこの大会で勉強ができ、大会運営につきまして
も非常に思うところもあり勉強が出来ました。

どうか来年も何卒よろしくお願い致します。

2016-11-03

「揃い組み」!

2016年度1月から新チームが始まって現在に至るが、
ここまで全学年が練習に顔を揃えた事が一度もない。

家庭の所要から体調不良或いは学校行事等々で
とにかく通常練習に全員参加がなかった変わった年
だった。

が、本日初の全員揃い組!

20161103_210403.jpg

準団員の小学生も含み1年生から3年生まで総勢
38名のBEAT Jr.メンバー。

いやはやこんなおったんだ、うちのチーム(笑)

3年生はBEATとしての活動が残り少なくなってきたが
最後までこのメンバーで戦っていってほしいな。


「WE are BEAT」!

2016-09-07

「抑止力」

体験時期からうちは真剣に取り組むとか一生懸命やる
チームだとか或いは勉学の両立とバスケ以外でも礼儀、
挨拶から常識的な行動を推進すると言い続けており、
それを理解、承諾した者が正式に入団する流れになって
いたが残念ながらそれらの思いをメンバー全員に浸透
されていないという事が分かった。

正直伝わっている、出来るものだと勘違いして全面的に
信用し任せっきりになってた部分もあったのも否めない。
それに今では厳しいどころか「楽しく」出来るようになって
半ば「なぁなぁ」になっていたのも事実である。
口ばかりでしっかり伝える事が出来なかったようだ。
申し訳ない。
そう言えば、先日の合宿時でもトイレのスリッパが揃えて
おらず注意したっけ・・・・。

でも厳しいとか言いつつも実は言ってる事はほんと常識の
事ばかりで普通の事ばかりなんだよね。
しかしこの「普通」っていうのを出来ないのが今の中学生。
この年代は環境も変わり新たな仲間が多くできいろんな事
を外から覚えてくる、さらに反抗期とも重なり精神的にも
不安定。
だからこそ我々のような外の大人がバスケを通して親の
ように接して時に「抑止力」にならなくてはいけない時が
ある。
その為にはこまめに情報を集めかつある程度の制約を
設けなければいけないようだ。

バスケットボールの中でもどこかで力を抜く、見てないから
休むズルする、見られてないから悪さをする、相手に暴言
を吐く、ジャッジに不満を表す、言葉を受け入れない、仲間
を陥れる、手を差し伸べない、人任せ、身勝手等々。
これらは全て日常的に行っている行動、言動がそのまま
競技にも繋がっている事柄。
だからこそ我々は普段から口厳しくとやかく言わなくては
いけないものだと思っていたが、ここ最近はそこまで教え
られてなかったという訳だ。

通常練習時にたまに顔を出すBEATのOB達は現役時代
は相当怖かったと今でもよく言われる。
それでも奴らは今でも暇を見つけては笑顔で練習に参加
してきてくれる。
という事はそれなりに伝わってきたという事。
そのような良い伝統は崩さず残しておきたいからこそ、
今一度チームを見直していきます。

今日は通常練習だったがこんな話しを懇々として本日の
練習を終えた。


2016-09-06

「組み合わせ」

本日は合宿明けの早々の練習日、まだ疲れが残って
いる者、筋肉痛が続いている者もいたようだが元気な
顔を見れて何より。
因みに俺、非常に疲れていてまだ回復できず・・・。

まぁ、俺はどうでもいいのでそこはいつもと変わらず
練習に入っていった。
そして本日のAチームの練習後半は合宿で時間を
かけて行った新たなシステム練習を行ってみた。
合宿時はまだ序盤という事でやや「型」にはめて
繰り返していたが、今日は次の段階で約束事を決め
つつフリーでやらせてみた。

決して難しい動きはなくこれまで練習でやってきた項目
を組み合わせたシステム。
最低限の約束事はあっても要領を得たのかなかなか
動きもよく個々の創造した動きも普通に出来ている。

新たな事をやろうとするとその序盤は非常に時間が
かかるもの。
しかし今回合宿という良いタイミングで新たな事に着手
出来たのは大きい。
せっかくならこの週末の交流会で実践でチャレンジして
もう1段階の手ごたえを感じてほしいところだ。

そしてBチームは相変わらず熊さんが熱い(笑)
2,1年生達は合宿の高いモチベーションでそのまま練習
に入っているのだろうか。
淡々と言われた事をこなすのではなく、せっかくの良い
経験が出来たならそのまま「繋げる」事を考えてくれ。

練習の積み上げ、組み合わせが個のレベルアップと
チーム力向上に繋がっているんだよ。

2016-09-01

「両立」!

毎年この時期くらいからだろうか、3年生達が心を開き
突っ込みも入れてくるくらい笑って会話できるようになる
のは。
ここ最近、練習でも試合中でもよくこんな状況になる。
勿論俺も奴らも笑って会話できるくらいの余裕が出来る
ようになったからだろうけど、この辺からBEATが面白く
感じるんだよね(笑)

最もこの時期じゃなくてもその年々でメンバーのカラーは
変わるから下級生の時期でも普通に俺のところへ寄って
きては笑ってしゃべっている年もある。
例えば去年とか今年の1年生達(笑)

うちのチーム、外から見たら厳しいとか怖いとかよく勘違い
されるけど普通に懸命にやっているだけでトータルで見る
と全然普通のチームなんだよ。
今日も数名のOB達が練習に顔を出してきてたが、それは
それは楽しんで騒いで適当にやって帰っていったよ(笑)

2016082DSC_0138 (2)

さてここ最近のAチームの練習はこれまでやってきた練習の
中で引き続き行っていく練習に加え課題となっている箇所を
クリアする為の追加練習を行っている。
もう最後の調整段階の序盤に入っているという訳だ。
そして前回から新たなチームオフェンスにも着手。
動きは極力シンプルにしながらもスクリーンプレイを駆使し
多くのオプション(応用)があるので正直ある程度バスケの
動きを知らなければ難しいもの。

普通の事をやってても上のレベルと対等に渡り合う事は
出来ない、後から後悔はしたくないし今のうちにやれる事は
全てやっておきたいと思っている。
でも思いはあっても中々前に進まないのが現実である。
今日の練習でもこのタイミングでテスト週間と被って全員が
参加出来ず、練習も進まない。
なかなか上手くいかないもんだね。
でも最後まで戦い抜く覚悟があるならあらゆる事をイメージし
計画しながら勉学と両立するしてほしいところだ。

勝っても負けても「最後に泣く」権利を持っている者は?
それは全ての事を死に物狂いで頑張った者だけに与えられる
と思っている。
付け焼刃じゃなくて勉強もバスケも中途半端にならないよう
今のうちに計画し考えて行動してほしいね。

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground