FC2ブログ
2013-06-23

「収穫」?

本日BEAT Jr.は終日恵那の交流会に参加。

テスト週間真っただ中かつ総体直前で部活動を優先する面々が多くいる
中、正直メンバーは全く揃わない状況だったが、それでも2,3年生の
8名を引き連れて早朝から交流させて頂きました。

参加チームは主催の恵那のチームをはじめ、自分の友達のなるパパ率いる
ネイスミスさんに県内の高校と少ないながら豪華な顔ぶれだ(笑)


その恵那のチームにいたっては、もう10年来のお付き合いのある大の友達
の1人で、今年の中体連は県上位を狙っているレベルの高いチーム。

なるパパのとこのメンバーももう知った顔ばかりで、目に見えるほど年々力
がついてきているのが分かるほど今年も良いチームになっている。

高校生にいたってはスピード、フィジカルを生かし、しっかりしたバスケを
する見習うとこのあるチームで、今のうちにとってはどのチームと相手しても
良い勉強になるとこばかりだ。

1371945700367.jpg

さて今日のBEATと言うとほとんどがガードポジションのメンバーに普段試合経験
があまりない2年生のみ。
さらにBEATで初試合をする3年生が3名もいるというとんでもない面子・・・。

先方には失礼だが、その中から何かを見つける或いは、何かを感じてもらう1つの
練習にするしかないね。


そして試合はフルゲームを総あたりで3試合やらせてもらったのだが、やはり
その内容は悲惨だった。

・イージーを決めれない
・ボール離れが悪い
・スピードがない
・的確なディフェンスが出来ない
・コミュニュケーションが図れない

とにかく「無い無い尽くし」だ。

それでも試合毎に調整をしていき、何とか恥ずかしい試合にならなかっただけ
でも救いだったかもしれない。


ただ駄目な事ばかりではなく、試合形式の実践を目の当たりにしそれぞれの
癖や得意なプレー、課題を見つける事が出来ただけでも次に繋がった。

さらに大きな収穫も得た。
それは2年生。
普段から消極的でいつも3年生の陰に隠れていた大人しい2年生の動きに目を
見張った。

1年の違いは大きいって勝手な思いをしていた自分の思いを覆すほどね。
正直今日の2年生達は3年生達が競争する土俵に立つに値する動きをして
いた。


結果、試合前の不安も最後は収穫を得て終え、充実した日になったのではない
だろうか?

1371953382168.jpg

2013年になって丸半年が経とうとしている。
しかし、今年のBEAT Jr.、未だフルメンバーが集まったためしがない。
当然試合は毎試合、毎試合メンバーが違い、いつも新しいチームを見るような
特殊な年になってしまっている。

何がそうしているのかは分からないが、言える事はチームの思いを全員に伝わっ
ていないからだと思うね。

やはり、小手先の技術だけを教えているだけではチームにならないという事だ。
現状況と向き合って、今後どんどん変えていかないかんね。


最後にお昼ご飯もご用意して頂き、細かな配慮して頂いた主催チームの皆さま
並びに対戦して頂きました指導者、チームの皆さま終日誠に有難うございました。

今日のような新たな出会いも大切にしていきたいと思います。

今後も何卒宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beatjr.blog58.fc2.com/tb.php/858-7a65c185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground