fc2ブログ
2024-03-10

十三期生 卒団式典①

本日午後からの三送会を終え、場所を移動し
BEAT Jr.十三期生の『卒団式典』に移った。

2024-03-001.jpg

今年も例年と同様ホテルで行いましたが、
大広間一間を貸し切り、席が決まった円卓
に食事はフルコース、まさに結婚披露宴
さながらの会場は豪華の一言。
一町クラブがここまで豪勢な式典をやって
いるところもないだろう。
でもこの式典、在団生のご父兄が時間を
かけ段取りし、綿密なプログラムを作って
用意して頂いている。
これも全て卒団生の為。
せっかくなら、皆で派手に気持ちよく送り
出したい。

1710319202473.jpg

本年度の卒団生は10名。
今日、全員が晴れて卒団式を迎える運び
となりました。
先ずは、
「卒団おめでとうございます」♪

1710319116308.jpg

さて、会場前には受付けを設け出入り口
にはWELLCOMEボードが飾られ舞台には
式典横断幕、団旗を設置。
さらに横の机には1年間の活動記録に
なるトロフィー、賞状も並べられ、記念品も
展示。
いやはや今年も豪華だね。

在団生の親御さんが司会を行う中、いよいよ
激熱な卒団式典が始まった。
部屋が暗くなり音楽が流れると一人一人
名前が呼ばれ皆の拍手の中卒団生が入場
してきます。

それから加藤Cからの乾杯の音頭から程よく
卒団式は流れていった。
龍星、白井コーチからも祝辞の言葉をもらい
俺からも卒団生一人一人にこれまでの気持ち
思いを話させてもらった。

2024-03-002.jpg

思えばこの十三期生が中心になった新チーム
スタート時点では個のスキルも決して高くは
なくバスケIQも低く、チームレベルもマイナス
からのスタートだった。
正直どこから手をつけて行けば良いのかすら
分からず、ほんと試行錯誤しながら練習を
繰り返していった。

それでも我慢しながらディフェンスを長い
時間をかけ強化し、8月から週末の土日、
祝日の休みを返上し全て試合、練習に
あてて最後のラストスパートをかけた。
その甲斐もあってオフェンス力も徐々に
向上してきて最終目標である選手権を
迎えた。
初戦から厳しい戦いを強いられる中、
皆でカバーし合いながら1つ1つ勝ち上がり、
ベスト8かける試合では大きな声援と
仲間の手助けもあって外の予測を一蹴し
結果ベスト8を死守。
誰もがそこまで行けると思っていなかっ
たが成長したチーム力で勝利を手繰り
寄せた。

1710229601724.jpg

ここまでの3年間、たしかにあっという
間に過ぎ去って行ったが、卒団生全てが
順風満帆にきたわけではない。
時に泣いたり、仲間と衝突したり或いは
伸び悩み不安になり、厳しい言葉にメンタル
をやられBEATを辞めたくなった時だって
あっただろう。
さらに部活、勉強、BEATの並列に時間を
追われ、バスケ以外のとこも厳しく指摘
され決して楽しいだけのクラブ活動だった
わけではないと思う。

1710229604439.jpg

そんな中、親御さん達、仲間に助けられ
最後までやりきり結果も残した卒団生達、
ほんとよく頑張りました。

俺もこの代の最後の年は一切休まず気合
入れてやってきた。
当然バスケが好きというのはあるが、それ
以上にBEATが好きで、懸命に一緒に戦っ
てきたBEATメンバーが好きだから大変とも
思わなかったね。
むしろ一緒にやらせてもらって感謝する
ばかり。

「ありがとう」

いろいろあったが、最後は皆笑顔で終わっ
て良かった。

第十三期生達、多くの人達に応援されて
いた事に自信を持って、皆に愛されていた
事に感謝しながら次のカテゴリーに進んで
活躍してほしいと願っています。

to be continue

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beatjr.blog58.fc2.com/tb.php/2292-0756822e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground