fc2ブログ
2022-03-21

『JBトレーニングマッチ』

本日は滋賀県まで遠征し交流会に参加させて頂きました。
この3連休卒団式から始まり翌日終日の交流会、そして
今日も早朝から出発の遠征、それも帯同1人。
正直じじいの身体が悲鳴を浴びていますが泣き言いって
いる場合ではなく試合をさせて貰えるだけでも幸せと思わ
なくては。

line_551590765645491.jpg

さて、今回はコロナの影響で急遽不参加のチームがあり
ましたが3試合フルクォーターのゲームも組まれており、
しっかり練習ゲームが出来る環境を頂きました。
昨日の交流戦では攻守共に特に良いところも無かったが
せっかく遠出の遠征、拘りを持って中身の濃い日にしたい
ところだ。
その初戦、抑えどころを序盤から決め早い攻撃を推進する
と序盤からディフェンスから良い形でオフェンスに繋げると
前半は最小失点で折り返し良い流れを掴んで後半に入って
いった。後半に入っても攻守共に力を抜かず戦っていくと
最終クォーターはベンチメンバー全員参加で快勝。
久しぶり良い出だしでスタートを切れた。

ただ懸念するならばこの時点でチーム内での差が出始め
ているところ。シュート力やパスの精度などのスキルの差
なら未だ挽回の余地はあるがチームスタイルであるディ
フェンス力の差が出ているのは無視出来ない。
今一度ベクトルの統一を計らなければいけないようだ。

line_551607224377621.jpg

2試合目、序盤は試合の入りが悪くシュートを落としては
激しいアタックをされ失点という悪い流れからスタート。
でもシュートを落としているものディフェンスは機能しており
相手にはタフショットを打たせ内容でいったらイーブン。
前半は一桁差のビハインドで折り返し後半、早い展開から
ボーナスプレイも飛びし出し逆転に成功すると最終クォーター、
勢いをそのままに点差を維持し残りの時間はベンチメンバー
に託しこの試合も勝利で終える。
ルーズボールへの執着が相手よりなく身体の当たりに嫌がる
場面もあったが後半にアジャストし修正は出来た点はよくなっ
てきている証。

そして最終試合は主催チームのU15チーム、所謂3年生。
昨年度、全クラに出場している超格上チーム、180を超える
ガタイの良い選手も数名おり今のBEATにとっては非常に勉強
になる相手。有難く胸をお借りします。

序盤は相手のスピード、フィジカルに怖じ気、逃げるような
シュートを立て続けにし得点が出来ないでいる。このまま
一方的な展開になるかと思えたが、前の試合の後半のような
身体を張って守っていくディフェンスをしていくとシュートも入り
出し試合になりつつありロースコアながら前半はほぼイーブン
で終わる。
後半に入り攻撃面のアタック、駆け引き等を促すと少しずつ
戦う姿勢が見えるようになり3Q終わりでも何とか食らいついて
いった。
最終クォーター、集中力と疲れが見え出し相手に連続得点を
許し最後はやや離され結果惜敗で終える。

上背の違いもあったがリバウンドも身体を張ってよく死守して
いたし、メンバー全員とは言えないが5、6名は戦う姿勢が見え
て今年一番の試合内容だったのではないだろうか。
試合終わりにコート内の仲間が手を合わせる姿を見たら納得
のできる試合になったんだろうね。

試合に勝っても何も得る事もない時もあれば負けても次に
繋がる時だってある。
まさに今日の最終試合のようにちょっとした事できっかけを
掴みそこから一気に伸びていく練習以上に練習になる時が
ある。昨日の交流戦では何も掴めなかったのにこれだから
試合って面白い。
是非ともここを標準に以降もさらなる高みを目指してほしい。

line_551620658489282.jpg

最後にまだまだ成長段階のチームを心よく受け入れて頂いた
各チームの皆様終日誠に有難うございました。
今年どうか宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beatjr.blog58.fc2.com/tb.php/2118-87897e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground