FC2ブログ
2017-03-20

「B.ballカップ」

本日は「B.ballカップ」に参加させて頂きました。
ミニからお付き合いのある仲間や顔見知りの
ジュニアチームなどが多く参加していて居心地
の良い大会でしたね。

この日は中体連の部活チームも参加しており
そこにうちのメンバーも在学、結局被ってしまい
部活のチームの方で参加。
BEATは1年生メンバーを多く占めた11名で
この大会に挑みました。
部活優先とうたっている現状、今後も同様な
ケースはあるだろうが致し方ない事。
逆に参加したメンバーもそれなりにチャンスも
あるだろうからそこは前向きに考えなくてはね。

20170320_093256.jpg

さて、この大会は予選から始まり最終的な順位
を1日で決めるもの。
その予選はハーフゲームの短期戦。
前日の練習で簡単な約束事だけを伝えシンプル
にディフェンス中心で戦ってみたが、予選全ての
3試合共ディフェンスはそこそこながらオフェンス
力は「無い」に等しい。
シュート率でいったら良くて2割といったとこだろう。
そのシュートは決して無茶な態勢で打っている
ものではなく比較的イージーなものばかり。
個の能力の無さ加減、今年は異常に低い。

さらにベンチで指示した事が一切できないときた。
何度も確認して返事も返ってきたのに関わらず
コートに立った瞬間全く別の事をやり出す・・・。
要はバスケットボールのノウハウも全くない
スーパーど素人軍団というわけだ。

そんな状況の中、要所でディフェンスが機能した
のかベンチメンバー全員で戦いながら決勝まで
進んでしまった。
素人でも最低限やることさえやっていけばある
程度勝って行けるんだよ。

ただ決勝戦は見るに無残。
現段階かなりの格上相手に何もさせてもらえず
大惨敗。
BEAT内でここまでやられたのも正直過去にも
記憶がないね。
ただこの結果は実は想定内、だからこそあえて
1年生を含む全員をこの試合に使ってみてその
力の無さと能力の違いを体験させて身を持って
分からせてみた。

20170320_161951.jpg

せっかくの決勝戦を台無しにしてしまい申し訳
なかったが、うちとしてはこの時期に良い経験は
させて頂きました。

今後、先ずは今の現状を受け入れる事。
そしてこの屈辱を忘れずも決して焦らず1つ1つ
課題をクリアしながらレベルを上げていく、これだけ。

20170320_161000.jpg

最後にB.ball関係者の方々並びに主催チームの
皆様1日誠に有難うございました。
大会を盛り上げる事は出来ず申し訳ありません
でしたがどうかこれからも宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beatjr.blog58.fc2.com/tb.php/1590-8817fe15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground