FC2ブログ
2014-04-26

「トマトカップ」初日

今年も下呂、金山で行われました、
「トマトカップ」に参加させて頂きました。

目標は勿論、「トマト」get!(笑)

主催のケイジさんが作るトマトは絶品で、トマト嫌いな自分が
好んで食す一品。
この大会の景品の1つでもある。

まぁ、半分冗談で半分本気だけどね(笑)


当然参加の目的のメインは「心の勉強」をする為の参加。

ケイジさん、熊さんが主催するこの大会は、礼儀、挨拶を重んじており、
身なりからバシューに至っても厳しく指摘される大会。

格好なんかに気を使うのではなく、中学生らしくきちんとバスケに
取り組みなさいという事。

BEAT Jr.もチームとしてやはり同じ教えをうたっている。

この大会はそのチーム方針を実践し、確認する良い機会でもある。

20140427_161220.jpg

そしてもう1つの目的は「チーム内のコミュニケーション」。

今回BEATは初の全学年参加の強行に出た(笑)
この時期にして多くの新1年生を迎え、新チームは35名体制となった。

せっかくの宿泊遠征、その中でチームの教え理解してもらい、さらに
チーム内のコミュニケーションを図ってもらう為に皆に声をかけたわけ
である。

メンバー、スタッフに協力して頂いた親御さんとで総勢38名。
史上初の大人数でかつ大会最多の宿泊数で押し掛けさせて頂いた。

いやはや爽快だね、この人数(笑)
違う意味で注目を浴びていた(笑)

20140426_092939.jpg

さて、大会はというと、初日は予選からスタート。

人数が多からといって強いというわけでもない。
それをリアルに表現している今年のBEAT、現段階でやる事は
チームスタイルを意識し、挑戦してみることだけ。

そんな思いで挑んだ予選の初戦。
あまりの悲惨な状況に声さえ出なかった・・・。

チームスタイルである、タイトなディフェンス?
誰がやっていたのだろうか?

スピーディなオフェンス?
そんなんどこにも見当たらない。

抜かれた1線を後から追う必死さもなければ、そのカバーもする
仲間もいない。
さらにジョギングするような走りを全力で走っているという始末。

結果も内容も後にも先にも史上最低。

せっかく来た1年生もこんな姿を見たら、入団してきた事を後悔
してるんじゃないのかな?

要は前向きな「姿勢」が全く見えないという事。

結果、ブロック予選で早々に2敗し下位順位戦に回ってしまった。

20140426_122612.jpg

いろんな指導者の方々と話をすると、大概「毎年BEATは最後はしっかり
チームを作ってくるから」って言われる。

しかし、今年のチームをみたら流石にそんな事思えないよね。
まぁ、実際言われたけど・・・。

何がそうしてるかと考えると、個々の技術力の無さも勿論だが、
先ず第一に言葉を受け止めようとする心がない事だと思う。

必死で伝えようとしても、何かしら疑っているような目がある。
何も心に響いてないような気がする。

昨年の今時分のBEATもやはり悲惨な状態だったが、出来ないなりに
必死に言葉を受け入れようとする姿勢はあった。
だから最後は最高なチームで終われた。

今年はちょっと重症だ。

でもこれからも奴らに負けないように言い続けるけどね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beatjr.blog58.fc2.com/tb.php/1051-d6596c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground