FC2ブログ
2019-08-07

サマーキャンプin各務原 2日目

サマーキャンプin各務原2日目も非常に暑い日となった。
両日共、怪我人、学校所用等でフルメンバーとはいかなかっ
たが2年生を若干名含め12名ほどが参加。
この暑い環境で3試合のフルゲームは大変だが役割分担
しながら自分の仕事を全うし結果を求めていきたいところ。

さて本日は昨日のブロック戦の結果からのトーナメント戦、
初戦、2回戦の相手は同郷のクラブチームとの対戦から。
うち同様メンツは全員揃ってなかったようだが、1試合MAX
2クォーターを1人の責任範囲と位置づけ2戦とにかく全力
で走ってもらった。
結果は2試合とも危なげなく全員参加で快勝、決勝戦へと
駒を進めた。

そして決勝戦は岐阜の主催クラブチームとの対戦。
各地域から能力の高い子が集まっており、各ポジションを
見ても非常にバランスの良いチームだ。
準決勝でも接戦を制しホームの理を生かされては危ない。
その入りは相手のPGからの激しい攻めに対応できず劣勢
状態からのスタートとなったが、取られたら即速攻で入れ
返しなかば殴り合いの勝負となり1クォーターはややリード
するもほぼ互角状態からのスタートとなった。

2クォーターから守り処を修正しオールでプレッシャーを
与えると相手にミスも出だし流れを引き込む事に成功。
そこからメンバーを少しずつ入れ替え攻守の形を変えない
まま一気に差をつけ3クォーター終了後にセーフティリード
を保つ。
最終クォーターはベンチメンバーを全員出しこの決勝戦も
快勝し見事優勝。
この暑い中最期まで走り続けたご褒美だったのかな。

20190807_174153.jpg

2日間通してみると、先ず速攻から多くの点に繋がった。
今年のスタート時点は逆にほぼ出なかった速攻が得点源
となっているという事は走れている証だろう。
さらにディフェンスにおいても全員ではないが練習通りの
連動も出来つつありそこから攻撃に繋がっている。
ただハーフコートオフェンスにおいてはシュートのセレク
ション及びアウトサイドのシュートには難点を残した。

今回のカップ戦、BEATの後半戦に入る良いスタートが切れ
たがここは謙虚に次のステップへと繋げていきたいところ。

そしてこの日は結果以上に嬉しい出来事があった。
他のチームの指導者の方からトイレのスリッパを毎回綺麗
に並べている事を褒めて頂いたとの事。
ほんといろんな人がどこかで見ています。
やっている事は正直普通の事だが普段から言ってきてる事が
外で普通に出来ているのは嬉しい事で、他人から言われると
誇らしく思えます。

勝って強いだけのチームとは言われたくないから、こういう
事は継続してほしいところだ。

20190807_175842.jpg

最期に遠方よりお越し頂き対戦して頂きましたチームの
皆様2日間有難うございました。
そして暑い中段取り良く運営して頂きました主催チーム
関係者の皆様には感謝です。

これからもどうぞよろしくお願いします

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground