FC2ブログ
2019-06-25

走れ!

バスケットボールっていう競技はルールの元に相手の
ゴールを攻撃しかつ自分のゴールを死守するいたって
シンプルなものだが、その攻守をする為に高度なスキル
や駆け引きが必要なスポーツである。
またそこに加え、攻守の課程までの走力及び瞬発力も
問われる走る競技の1つだと思っている。

バスケの1試合における一般的な走行距離はおおよそ
4kmとも4.5kmとも言われているが中学生の試合時間
で換算すると約3.6kmほどとなる。
この間、止まっている時間ジョグ程度の走行もあって
必ずしもその距離全てを全力で走るという事はないに
しろ、1日丸2試合あったりする状況の中それくらいは
最低走りきる走力は身に付いてなければいけない
だろう。

こんな事今さら言わなくとも分かり切った話しだが今の
BEATの面々を見るとそこまでの体力はどう見ても持ち
合わせていない面々が多い。
それでも限られた時間で行っているランメニュー例えば
1周約60mほどのコート内をきっかり12秒で50周だけ
走るメニューがあるが未だに完走出来ない下級生も
多くいる。
そしてテスト週間等でイレギュラーで行うシャトラン
なんかは1本約140mほどだが、ものの5本程度で弱音
を吐いて諦めてしまう。
本来先の距離で言ったら25本程度は走らなければいけ
ないんだけど如何なものか。

では練習ですら諦めてしまう彼らは試合の中でもやはり
諦めてしまうのだろうか?
もっともそれを問いただせば「諦めません」という正解
の答えを言うとは思うけど先ずは現実を理解し個の努力
を怠らないよう今は努めるべき。

バスケを楽しく?したいと思うなら最低限な力を身に
付ける事が先決だね。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground