FC2ブログ
2019-05-11

「トマトカップ」初日

本日は岐阜は下呂で行われたカップ戦、トマトカップに
参加させて頂きました。
年8回のカップ戦を冠の名を変え毎月のように行われて
いるが、このカップ戦もその1つ。
全ての大会の主催は下呂の重鎮熊さん、ケイジさんが
中心で全大会の参加条件は「バスケを愛しマナーの良い
チーム」としている。
毎年ここにお声掛けして頂いている事に誇りに思い
かつ、あらためて襟を正して楽しみたいと思います。

さて今大会はBEATメンバーの3年生のみで参加。
今年度になって6つ目の大会参加となるが、これまでは
チーム内のスキルの差関係なくとにかく参加メンバー
全員で戦うスタイルを貫いてきた。
これは全員にチャンスを与えそこで出た各自の課題を
理解し修正を繰り返していくというあくまで「この時期」
だけの形。
ここまで何とか結果も残してきたが決してコートに立つ
だけに満足するのではなく、どのメンバーで戦っても
チーム力を落とすことなくチャンスを「モノ」にしつつ
各自責任を持って取り組んでほしいところだ。

20190511_093016.jpg

そして初日の予選は3Q制のブロック戦、3試合の試合が
行われたが全ての試合全員で時間をシェアしながら勝ち
続け失点も最小限に抑えブロック1位で通過した。

今のところチーム内で特別な約束事もなくディフェンスは
マンマンを守りカバーで対応、オフェンスは皆が走り全員
で攻撃といったいたってシンプルな事しかやっていない。
この時点で最低限な事は出来ているから先ずは結果と
して表れているが毎試合イージーなミスが多く目につく、
特にパスの部分。
駆け引きだとかスペースを見ての動き或いはNEXTを
意識したビジョンがなく場当たり的な判断がそうしている
のだろう。そろそろここを修正する練習も入れていかなく
てはいけないようだ。

そして、この日は宿泊の遠征。
年に5、6回宿泊の遠征を行っているBEATだが、常識範囲
の行動、他に迷惑を掛けなければその他は比較的自由に
させている。
学校の違う者同士が1つ屋根の下で同じ釜の飯を食う機会
なんてそうそうある事ではない、せっかくなら楽しい時間
を共有し皆でコミュニケーションを図りながらチーム力の
向上も図っておいて下さい。

line_125110825328309.jpg

line_125109992222476.jpg

line_125110527204246.jpg

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground