FC2ブログ
2019-04-11

「無難」?

本日の練習からA、Bチームのバランスを図る為、
新2年生の一部をAチームに上げ練習を開始した。
これは例年のことでチームを底上げする為の1つの
手段だが固定メンバーにせずあくまでお試し。
以降も面子を入れ替えながら競争してもらう予定。
さて練習はアップから始まりいつもの練習を繰り
返していくのだが現在はそれぞれ無難にこなして
いるような感じ。
決して悪くはないのだが、何か物足りない・・・

でその「無難・・・」という言葉を調べてみると、
 ・危険のないこと。また、まちがいのないこと。
  また、そのさま。
 ・欠点のないこと。特ににすぐれているわけでは
 ないが、格別の欠点も見当たらないこと。

と出てくる。
結局その物足りなさは7、8割程度の力でミスを回避
しようとする温い動きに加え、ミスを恐れてチャレンジ、
創造をしようとしない姿勢そして「慣れ」からくるの
ではないだろうか。
チームの約束事練習において間違いのない行動をする
事は非常に良い事だが、現在行っているシュートドリル
は勿論、ディフェンス、コンビネーションドリルといった
スキルアップドリルではもう少し自分に負荷を掛け常に
目標値を上げ失敗しながらレベルアップを図ってほしい
ところ。
それはスピード、高さ、幅、アタック等全てにおいてね。

普段から言っているが練習の中でのミスなんて何とも思
わない、否ミスしてしまうくらいのチャンレンジでちょうど
良い。
勿論同じミスを立て続けでするのは論外だが、そこを感じ
て修正すようとする意識さえあれば問題ない。

今の自分に満足せずもう1つ上を目指す強い意識を持って
ほしいね。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground