FC2ブログ
2019-03-25

平成30年度メンバー 「卒団式典』 ③

BEAT Jr.は設立した時から今に至るまでいつも大きな
支援、協力、応援をもらい活動させて頂いております。
この卒団式典にもいつも絶大なバックアップをして頂い
てる俺のお友達も来賓として駆けつけてくれました。

line_26909060834004.jpg line_26908998681713.jpg

山岡さん、
年齢で言えばもう俺とはひとまわり以上も上の大先輩。
バスケットボールを通じてお知り合いになったが、今年
で早20年ほどの長いお付き合いとなる。
今でも毎日のように電話でおしゃべりしバスケや人生の
勉強をさせてもらってますが決して上から目線ではなく
友達のように接してくれてます。
この30年度メンバーもしかり、臨時で練習をやりたいと
言えば即体育館を段取りして頂き一緒になって指導も
してくれる。
年間を通して多くの大会、最後の選手権まで遠方から
応援して声を掛けてくれました。
本当にいつも有難うございました。

白井さん、
BEAT Jr.設立時のスタッフ。
一緒にやり始めた時から非常に熱く義理堅い男。
今回の卒団式でのお声掛けで2つ返事で快諾し式典
に出向いてくれました。
今でもBEATを気にかけてくれ応援してくれてます。
良い仲間達に恵まれてここまで来てるんだよね、
感謝しています。

line_26909348103275.jpg

そしてうちの親御さん達。
突然の催し物、練習、タイトなスケジュールでも一切文句
言わず最後まで好きなようにさせてもらいました。
基本BEATは極力親御さんの手を煩わせないようにやって
はいても宿泊だとか遠征での協力は絶対的に不可欠。

数多くの遠征も滞りなく活動出来たのも親御さん達のバック
アップがあったから。
非常によくしゃべり、大きな声で声援をもらったけど子供達
にとって十分な力になったのではないでしょうか。

3年間、有難うございました。

line_26909079279265.jpg

写真に映ってはいかなったが、この年はお父さん方の
応援も多く頂きました。
男親が多い年ってチームはまとまるんだよね。
余計な事も口にせず時に気を使って接してくれる。
男ならではの安心感を頂き感謝です。

頑張ってはいても決して一人だけでは活動が出来ない、
裏方で応援、協力して頂いてる方々がいてこそ楽しく
活動が出来ます。
そんな気持ちを忘れず次のカテゴリーに向けて頑張って
ほしいと思います。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground