FC2ブログ
2019-02-23

「まきがねカップ」初日

今年も岐阜県は恵那で行われた「まきがねカップ」に
お声掛け頂きこの週末は遠征。
毎年この大会の参加チームはBEATを除く全てのチーム
が岐阜県内の部活チーム。
傍から見たら場違いと思われがちでクラブチームなら
勝って当たり前と言われても致し方ないところ。
ただ、声をかけて頂いているのはあくまで指導者同士の
横の繋がりで、面子にいたっては普通の部活の子達と
何ら変わらない普通の奴らの集まりなんです。
もっともそんな事理解して貰えるとも思っていないが、
特別な環境を頂いている事に感謝して楽しむだけです。

さて予選となる初日、BEATは2年生中心のメンバーが
ほぼフル参加。

1551094626296.jpeg

チームとしてはまだ手つかずで個のスキルアップのみに
練習時間を割いているこの時期だが、する事は最低限の
ディフェンスに全員が走り全員で攻撃するだけ。
この日の予選は2クォーター制で限られた時間しかない
が、参加13名全員で時間をシェアし挑んでみました。

1試合あたり個に与えられたプレイニングタイムは僅か
1クォーター分ほど。
スタートメンバーさえ決まっていないこの時期、その時間
に役割を理解しチャンスをモノにするかは本人次第。
初戦こそ皆攻撃的な守りからいいリズムでオフェンスに
繋げそこそこ観れる試合で始まったものの以降の試合は
シュート力の無さとイージーなミスの連発で個の課題を
大きく残した日となりました。

1551094707643.jpg

まぁ、イージーを落とすとか凡ミスなんかは全て練習通り
で普段からよく見てる光景。
だからこういった実践の場でも起こっている事に気づいて
普段の練習から危機感を持ってほしいところだ。
それでも悪いながらもこの日の予選は4試合全勝し全体で
1位となり翌日に決勝トーナメントに繋げました。

1551094732923.jpg

新チームのBEAT、非常に小さく特出した能力を持った軸
もおらず安定度はかなり低いが例年に比べると真面目な
面々が多く全員が全力で頑張ろうとする姿勢はある。
本来なら相手を騙すくらいが丁度良いと言われている
バスケでその真面目さが臨機応変さを奪いちょっと空回り
しているようだ。
当面は良い面を消さず頑張り処を間違えないような方向
付けをしていく必要があるようだ。

ところで今年も遠征では多くの親御さんが応援に駆けつけ
てくれていますが、それぞれが有効に時間使って楽しんで
いるよう。
その中で最近試合の待ち時間でキャッチボールをして
過ごしている父親達がいて今回俺もそこに入れさせて
もらった。
実に20年振り以上のキャッチボール(笑)
久々なんで気持ちよく遊べたが投げる度に肩に痛みが
走る・・・ほんと年を感じました・・・。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground