FC2ブログ
2018-12-08

「愛知県選手権」決勝リーグ2日目

愛知県選手権、決勝トーナメント2日目はベスト8掛けの
試合からとなった。
先週もそうだったが、とにかく楽に出来る試合は1つも
なく、気持ちが切れた時、いつも通りの動きが出来な
かった時に勝敗が決まるだろう。
こんな試合だからこそ自分に「勝つ」という強い気持ち
を持ち最初からテンション上げて戦ってきてほしいね。

20181214010_20181214180559549.jpg

さて、初戦の相手は前回同様、県選抜2名を要し高い
スキルにフィジカルも非常に強く、中体連でもチームと
して愛知トップの力と経験を持ったこの大会の優勝
候補に上げられているチーム。
上背もあって全てのところでミスマッチ状態だが事前に
スカウティングをして抑えどころも決めて入っていった
その序盤、お互い硬さが見られる中、幅広い攻撃から
徐々に得点され立ち上がりの悪いスタートとなった。
それでもキャプテンを中心に果敢にアタックを試み
何とか食らいつき差を最小限に抑えた1Q。

2Q相手のエースを抑える事ができかつ相手のファール
トラブルで徐々にBEATに流れが来るとアウトサイドも
決まりだし前半を1ゴールのビハインドで終わる。

20181214009_20181214180558ab4.jpg

前半からオールコートで当たり上背の差を縮め相手の
エース格を抑えるといった事前からの予定はほぼ成功
しているもののその分ファールが嵩み後半に響きそう。
それでも後半も前半同様の形でとそのままと送り出し
後半スタート。
3Qの入りはこれまでなく良く速攻、ミドル、3P幅広い攻撃
で完全流れを掴みとうとう逆転に成功。
そして最終クォーター、入りは1Qのような展開でお互い
点が入らない時間が続くと相手のアウトサイド、ゴール下
で試合が動きだしやや劣勢状態が続き、1ゴール差まで
詰められたところでタイムアウト。
ここでファールトラブルでベンチから相手のエースが
入ると高さでやられだし残り3分で同点、さらにBEATの
キャプテンが逆にファールアウト・・・。
それでも攻め続け同点で膠着状態が続くと残り1分あたり
でフリースローを与え逆転を許す、その差僅か1点。
残り17秒マイボールで最後の攻撃を仕掛けるも無念に
ゴールに嫌われ残り数秒を残しそのまま終了。

20181214008_2018121418055629f.jpg

結果最後の1点で涙し2018年度の選手権が終わった。

最後の「1点」の重み、試合を終えいろんな思いが蘇る。
あそこでこうしたら、あれが決まっていれば、あの場面で
的確な指示があればとか、あのタイムアウトのタイミング
は?そして最後の指示不足等々とにかく悔やまれる。
1点差、まぁ俺のベンチワークの甘さ判断力の無さもあった
のは正直なところ。
もっとも終わった後にタラレバを言ってもしょうがないが
結果的に1点分、相手チームが勝ちたいという思いが強く、
1点分走り攻撃し1点分守り抜いたのだから相手の方が
1枚上手だったということだろう。

ここは素直に相手を称えるしかない。

ただ大応援団に囲まれ優勝候補相手に果敢に戦った
BEATメンバーは凄かったし恰好良かった。
奴らを責める人は一人もおらず最後は惜しみない大きな
拍手も頂いた。
上背もなく全員が走り常にディフェンシブルなバスケを
身上としたのがBEATバスケ、当初、身内にすら信じて
貰えなかったが、新チーム立ち上がりからこのチームで
全国を狙っていた。
そこまでもう1歩届かなかったものの、中身を見てもらえば
口だけではないという証明もされたのではないだろうか。
現にこの試合の相手が残りの試合を危なげなく制して
優勝を飾った、それが唯一の救いかな。
先ずはおめでとうございます。

最後にBEATメンバーよ、本当にお疲れ様でした。
よく戦い抜き、他人には見えない足跡はしっかり残したよ。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground