FC2ブログ
2018-09-23

「第18回 Enaライオンズカップ」 初日

3連休のなか日からは岐阜県恵那市で行われました
「Enaライオンズカップ」に参加させて頂きました。
この大会は恵那市内のライオンズクラブが後援する
もので今回で18回目を迎える歴史ある大会、今年も
主催チームである代表の小薗井さんを中心に華や
かに開催されました。

BEATは8月からここまで怒涛の活動で多くの経験を
させて頂いており終盤の区切りとなるこの大会、これ
までの積み重ねた成果を出せたらと思い挑みました。

20180923_095232.jpg

初日は予選からスタート。
変則3ピリ制ながら3試合を戦い勝敗を決めるもの。
その対戦相手は全てが開催県内の岐阜県チーム。

これまで合宿を挟み拘ってレベルを上げていった項目
は攻守の個の力にチームオフェンス力。
相手のスタイルによってディフェンスパターンを変え
オフェンスに関しては緩急をつけて個からチームへの
攻撃パターンを揃えてやってきた。

そして予選は要所でシステムを変えながらかつチーム
の方向性を意識しながら戦っていったが、全ての試合
で上手くはまり快勝。
予選は全勝でブロック1位通過しました。

今シーズンは若手スタッフがPADでデータをつけてくれ
ており試合後に全スタッツが詳細に見れる。
そのデータを見ても大きく変わったのはシュート率。
特にミドルレンジからアウトサイドのシュートが一段と
上がってきてるのがよく分かる。
そこに加えてチームオフェンスも要所に決まっている
から流れを一気に引き寄せる事が出来ているのだろう。

もっともデータで見れないディフェンスも効いているから
の結果であるのは間違いないがね。

水ものと言われるシュートだけに頼るのは危険、やはり
常に安定したディフェンス力だけは維持したいところ、
それはチームスタイルでもあるからね。

20180923_141248.jpg

ところでうちの試合前のアップだが、アップ時間、内容、
やり方などは全て奴らにお任せしている。
そこは個の責任でしっかり身体を温め試合に差し支え
なければ問題ないと思っているから。

で、そのアップはまさかの「鬼ごっこ」・・・。
それはそれは全力で走りまくっているようだ、恥ずかし
さもないくらいにね(笑)
もっともこれはなぜかBEATの伝統になっている。
決してそんな事を言った覚えもないけどね。

他から厳しい厳しいと言われているBEATだが、これの
どこが厳しいんだろうね、もはやバスケはなくなっている。

まぁ、これも緩急の1つか?
但ししっかり切り替えてやってくれ、後から文句言われ
ないようにな。

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground