FC2ブログ
2018-05-13

中津川カップ 2日目

中津川カップ2日目は全チームでのトーナメント方式
で始まり、昨日の予選でブロック1位通過したBEATは
準決勝からの試合となった。
本日は昨日不参加のメンバーも帰ってきてほぼフル
メンバー。
メンバー構成は変わってもやる事は昨日と同様、最後
までディフェンスに拘って戦ってほしいところだ。

20180513_122357.jpg

準決勝の対戦相手は主催のクラブチーム。
昨年のこの大会の決勝リーグ、まさにこの試合の再現、
昨年は残り数秒で逆転され苦い思いで終わった事もあり
今年はリベンジだね。

このチームとは今年既に対戦済みという事もありDEFの
付き方は決まっている。
オンザコートのメンバー全員がそこを理解して挑んでほしい
と思っていたが序盤からそのポイントを抑えて相手の攻撃を
封じ、逆に早い段階で得点を取りにいく良い形で始まった。

後半に入っても流れを渡さないままベンチメンバー全員参加
でこの試合は快勝。
無事決勝へと進出しました。

20180513_155239.jpg

そして決勝戦は滋賀県の中体連チーム。
今年の県の強化交流会で2位の実績を持ち、全体的に上背の
ある強豪チーム。
先ずは相手のBIG MANには仕事をさせないようにと入った
序盤、いきなりミスから始まり容易に失点され劣性状態から
のスタートとなってしまう。
毎回言っているが試合の入りは非常に大事、ディフェンスの
仕方、ファーストシュート、フリースロー1本でも確実に
入れていかなければ流れを掴めないで終わってしまう。
まだまだ入り方の重要性を分かっていないようだ。

それでもその前半はシュートがいつも以上に当たり得点を
積み重ねながら流れを引き寄せて行った。
今年のBEATは例年と違うところはここだろう。
ディフェンスこそやろうとする事は一緒だが今年は取られたら
即取り返すオフェンス力がある。
さらに日替わりで爆発するスコアラーも出て、この前半も
スリー5/5と当たりまくった奴がいて何とか試合を戻した。

後半はディフェンスシステムを変更し徐々に点差をつけ
最後まで力を抜く事なく快勝。
記念なる大会を優勝で締めくくる事が出来ました。

昨日の予選から通して4試合、平均失点は40点弱、一方
平均得点は90点と攻守共に最後まで攻め続けた結果が
理想な数字で現れた試合となった。
ただ、課題は普通にある。
今はケツを叩いて走らせて、やらされている感満載の
面々、だからところどころで集中力が切れてミスが出て
しまう。
今後はうちのスタイルを最後まで貫く強い意志を持って
試合に入ってほしいところ。

20180513_165404.jpg

最後にこの歴史ある大会を最後まで運営して頂きました
指導者の方々を始め関係ご父兄の皆様2日間有難う
ございました。

有意義な時間を共有出来た事に感謝です。
これからも何卒宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground