FC2ブログ
2018-03-25

祝 卒団♪ 食事会① 

本日は無事中学を卒業したBEAT Jr.3年生メンバー
最後の集まりとなる「卒団食事会」を開催致しました。
残念ながら予定が合わず全員参加とは行かなかった
がそれでも10名の卒団生達が元気な顔を出してくれた。

先ずは「卒団おめでとうございます」♪

20180324_193447.jpg

この日は彼らを送り出す為に在団生のメンバーも全員
参加、そして卒団生、在団生の親御さんに我々スタッフに
加え、こーちんさんまで遠方から祝辞を持って駆けつけて
くれました。
有難うございます!
その数70名弱、いやはや今年も盛大な卒団式典となり
ました。

7期生にあたるこの年はある意味激動な年だったね。
新チームを立ち上げた時期、先ず思ったのは今年は
珍しくBEATにない色を作れるとやる前からちょっと浮か
れていた自分がいた。
とにかく上背がある面子が多くバランスだけは申し分
ないだろうと・・・。

20180324_193220.jpg

しかし蓋を開けたら肝心な時に人数が揃わない、そもそも
バスケIQが低く素人くささが抜けない面々が多くやる事
なす事、全て裏目になっていった。

せめてディフェンスだけでもいつものようにと思ったが足も
なくその生命線も絶たれた状態を目の当たりにして半ば
心が折れそうになった時期もあった。
新チームが立ち上がり、練習でも試合でも投げかける
言葉はいつも一緒。
その言葉は決して戦略的なものでなく走れとかボールを
見ろ、或いはシュートまでいけと言った初心者に言う事
ばかりだった。

この辺りから「脱素人」っていう目標を立てていた(笑)

20180324_193315.jpg

それからはこれまでやった事にない終日の臨時練習を
取りいれたり、メンバー内の相性を見て5人の組み合わ
せを何パターンと考え毎大会で試してみたり或いは、
システムオフェンスやポジション別練習なども数多く取り
入れ試行錯誤で練習を繰り返していった。

それが功を奏したか日に日にチーム、個のレベルが上がり
目に見えるくらいの成長が現れた。
それは終盤となった10月くらいだったかな。
もはや春先とは別のチームだったね、他のチームの指導者
の方々からもその事はよく言われました。

こっからは面白かったね。
ようやくチームも1つになりつつ良い形も随所に表れ他
チームからも警戒されるほどになっていった。
ただ俺は毎試合ベンチに座らず大声を上げてずっと指示
を出していた、それくらい目を離せない年でもあった。
そしてこのまま突っ切ると思っていた矢先にメインメンバー
が立て続けに怪我・・・・。

20180324_193254.jpg

結果的に最後の選手権は目標達成まで行かなかったが
十分善戦し、立ち上がり当初に比べたら伸び率だけは
これまでのBEATの中でも相当なモノだったのではない
だろうか。

だから後悔は全くなかった、それどころかやり切った感
さえありました。
結果はどうであれ、ほんとあの素人軍団がよくぞまぁここ
まで成長したなぁっていうのが本音。
ほんと最後は怒涛の進化を経て良い形で終える事が
出来ました。

20180324_193335.jpg

「お疲れ様でした」。

結果、この年は遠回りしたかも知れないけどBEATのカラー
を十分に出して終える事が出来たね。

俺は決して後悔も悔いも全くない!
気持ちよく彼らを送り出すく事が出来ます♪

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground