FC2ブログ
2018-02-10

ISCカップ

本日はISCカップに参加させて頂きました。
ここの監督さんとはミニ時代からのお付き合いで
かれから15年くらいお世話になっております。
今年もお声掛け頂き有難うございます。

この大会はこれまで参加した大会と違いジュニアクラブ
オンリーの試合となる。
ここ2つのカップ戦では良い結果で終える事が出来たが
今日まだ対戦した事のないクラブチーム相手にどこまで
通用するか非常に楽しみな大会でもあった。

20180210_111402.jpg

その初戦の相手はディフェンスもきっちりやってくる
県内チーム。
序盤これまでのようにオールコートディフェンスから
始め早々に流れを掴み掛けるがフィニッシュが尽く決ま
らずその流れを手放してしまう。
イージーなゴール下、特別難しくないドライブシュートも
何本打っても入らず、逆に確立の高いシュートで安易に
失点を許してしまう最悪な展開でスタートしてしまった。
そのシュート確立ざっと2割程度か??
いくら頑張って守っても懸命に走ってもこれではバスケ
の試合にはなりません・・・。
3ピリ制の試合でいきなりビハイドを背負う。

2ピリからディフェンスシステムを変えシュートの仕方
について指示すると、ようやく追いつき流れを掴む。
以降その流れを最後まで維持しギリギリで勝利。
いきなり疲れる試合をやってくれます。


2試合目、準決勝となるこの試合の相手はまだチームと
しては新しいが能力の高い良い選手も入っていてここ
最近注目されているチーム。
この試合も先の試合と同様序盤の入りは決して良くない。
客観的に見ててももっと点差が開いてもいい?くらいに
圧してはいるものの、点差はそこまでつかないのは得点力
の無さにあるようだ。
ただ相手のミスにも救われてこの試合も勝利し決勝へと
駒を勧めることが出来た。

20180210_173036(0).jpg

決勝戦の相手は滋賀県のクラブチーム。
1昨年からお付き合いのあるチームで今年は小さいながら
個々の能力の高い選手がいる強豪チーム。
この決勝戦、相手の監督さんと話していてせっかくなので
フルクォーターでやりたいという案が一致して主催の方に
直談判 して4ピリの試合にしてもらいました。
我がまま言ってすみません、否、我がままが言える楽しい
大会なんですよね、有難うございます。

その序盤、最終戦まで激しいディフェンスで臨み序盤から
流れを掴むが相手のエースを止められない。
1線は勿論2、3線のカバーも全く機能していない。
マッチアップを変えながら何とかアジャストしてほしい
ところだが一向に一人にやられてしまう。
が、後半に入ってからそのエースがまさかの足を攣って
退場。
メンツが欠けると以降はうちのペース。

結果この試合ベンチメンバー全員参加で大勝。

20180210_184255.jpg

結果こそ優勝という結果は得たが正直今日は手放しには
喜べない。
先ず1日を通して1ピリの入りが悪すぎる(シュート力)。
そして頑張っている1線がいるにも関わらずボールから遠い
3線が集中力を欠いて次の動きを予測していない。
今日もよく走るが「小さいね」って他の指導者に言われ
たが、それは現実でその分、動きでその小ささをカバー
しなければいけないが、全体的にその意識は低いようだ。
まだ明日、明後日も大会が控えているので実践の場で1試合
1試合修正していってほしいところだ。


最後に1日タイトなスケジュールを切り盛りして頂きました
渡辺さんはじめにチーム関係者の皆様有難うございました。
この時期に非常に良い体験させて頂いた事に感謝です。

今年もどうか宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground