FC2ブログ
2018-01-16

重い言葉

本日の通常練習日にいつも応援、指導してくれる大先輩
コーチンさんが来てくれました。
事前の連絡のないまま顔を出して頂きちょっとビックリ!

でも、ここぞとばかり現在行っている練習を一通り見て
頂きました。
良かれて思ってこのクールにいろんなメニューを作って
練習しているが、やはり見る「目線」が違いますね。
とにかく細かい!
ボールの貰い方、フィジカルチェックにスピードのあるなし、
ボールを離した後の動きからシュート後の動き、手先、
指先までしっかり指摘されてしまいました。

先ずは「形」から作っている自分の未熟さを感じました。
でもその言葉を受け止めて次の練習に必ず繋げて
いきたいと思います。

20180116_205322.jpg

また多くの経験を積み、技術のノウハウもありカテゴリー
も跨いだ指導も出来る為、言葉にも重みがある。
スキルこそ教えれても引き付ける言葉だとか、或いは
心に来る言葉ってなかなか身に付けようとも身に
つきません。

せっかく指導の勉強になる方がこんな傍にいるなら
もっともっと勉強させて頂きます。

コーチンさんとはほぼBEAT設立当初から応援、お世話
になっています。
年齢こそ一回りも上でそれはそれは大先輩なのだが
こっちが甘えて友達のようなお付き合いを今もさせて
頂いております。

岐阜は美濃から車でもゆうに1時間はかかります。

そんな方がBEATを応援してくれていると自信が
つくと共にその応援に答えなければいけないと必然と
力が湧いてきます。

いつも有難うございました。
どうかこれからもご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground