FC2ブログ
2017-09-03

BEAT Jr.合宿 in 関 ④

2017年度合宿2日目、昨日の疲れはややあるもの全員が
元気な顔でコートに立った。
Aチームは昨日とは違うチーム練習中心のメニューから
始まり、Bチームもスタッフが入れ替わって新たな練習に
着手。

たかが2日間の練習とはいえ、時間ギリギリまでしっかり
メニューが組んである。
目新しい練習であっても何とか吸収して自分のものに
してもらいたい、何かを掴んで終わってほしいところだ。

でも変わらないのは所々にランメニューが入っている事。
このランメニューとうたっている練習は単なるシャトルラン
なんだが、この回数は特別決めておらず練習内で行われる
シュート練習やフリースロー等を行い外した回数だけ走る
ペナルティー扱いなもの。
要は皆が集中して1本も外さなければ何もやらない。
イコールその回数が10本も20本も加算されるのは、悪いが
自業自得という事である(笑)

20170902_133107.jpg

さてこの日のAチーム早々にシャトラン回数が30回近くに
膨れ上がり午前中で皆既に「意気消沈」状態(笑)
低モチベーションでは午後の最後の練習にも差し支えるので
親御さんの手を借り回数を減らすチャンスタイムを与えて
やった。

今年の面々、自分の力で何とかしようとする強い気持ちを
持った者が非常に少ない年、さぞかし自信がないのか端から
諦め癖があるのか分からないけどそれもプレイに表れて
いるね。
まぁ、可愛い息子を助けようとする逆に熱い親御さんも
多くいたのでそこはお任せしました。

こんなのこれまでにない異例の年だけど緩急という意味
ではそれはそれで良いのかな?
この合宿で一番盛り上がった一番声が出た瞬間でした(笑)

20170903_132521(0).jpg

午後からは気持ちを入れ替え集中してA、B共に最後まで
やり尽くし無事今年の合宿を終える事が出来ました。

2日間を終えうちの奴らは満足、やりきった感を持ち中には
楽しく終えた者もいるだろうが、俺達スタッフ内では時間も
足らず正直やり残した感でいっぱいだった今年の合宿。
そういった思いの温度差はまだ縮まらなかったかもしれない
が、チャレンジ精神、諦めない心、全力で取り組む姿勢など
の意識部分だけはスタートラインに立たせる事は出来たの
ではないだろうか。
この経験を必ず以降の練習に繋げていきたいところだ。

そうそう、あまり余裕もなく最後の集合写真も撮れなかった
のも心残り・・・。

皆が元気よく終える事が出来たからまぁ良しとするか。
「2日間お疲れさま」。

20170903_161522.jpg

終日準備から指導までお手伝い頂きました板取川の先生
をはじめスタッフの皆様、並びにご父兄の方々2日間誠
に有難うございました。
子供達の元気さに感化され同じように力を出して元気に
過ごせる事が出来た事に感謝です。
またこ~ちんさん終日有難うございました。
今回も厳しい目で見守ってくれかつご指導頂き非常に
良い勉強になりました。

そして最後にBEAT Jr.のご父兄の皆様も2日間お世話
になりました。
終日子供達の傍にいて頂きお手伝いご協力賜り今年の
合宿も大きな問題もなく無事終える事が出来た事に
感謝しております。
有難うございました。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground