FC2ブログ
2017-08-26

「クーガーズカップ」初日

本日は中部第一高等学校が主催するクラブチーム
対象のカップ戦「クーガーズカップ」に参加させて
頂きました。

20170827_144440.jpg

言わずと知れた関係と言っては厚かましいかも
しれないが、俺個人は勿論ながら近年はBEATも
チームとして中部の選手、ご父兄との関係の溝も
深まってきており、お互い応援しあう関係になって
きている。
その状況に決して胡坐を掻かないよう感謝しながら
有意義な大会にしたいところだね。

20170826_114108(0).jpg

さて本大会は18回を迎える歴史のある大会。
年々大会レベルが上がってきておりどの試合も
楽な試合は1つもないハードな大会と予測される。
せっかくそんな環境を頂いているのなら結果を
求めながら何かを残していきたい。

そして初日は予選。
1ブロック3チームの総当たり戦から始まった。
その初戦、我がBEATはお盆休みの5日間の短期間
だが多くの経験を積みチームの方向性を見つけ、
今年のスタイルを掴みかけた最初のお披露目試合
だったが、序盤からオフェンスに関しては1つも機能
しない。
タイムアウトをとり、メンバーも所々で変えてみても
一向に修正が出来ない展開で始まった。
その結果、1ピリは3-5・・・。
いったい何の試合なんだろう??

中盤から終盤に掛けてはある程度修正し勝利した
もの最後までスッキリせず終えた1戦だった。
動かない、人任せでイージーミスのオンパレード、
これじゃ何もをしても上手くいくわけはない。
ただポジティブに捉えればディフェンスだけは
それなりに良くなってきているという事だけ。
それにしても個の意識の低さと攻守の連係が
全く出来ていない事が顕著に表れた試合だった。

20170826_122007(0).jpg

2試合目、相手は県外の強豪チームの1つで
190cm近くのBIGマンにバスケをよく知ったガード陣
が擁する格上。
先の試合よりは未だ動くようになってマシにはなって
きたが今度は肝心なシュートが決まらない。
要所にしっかり決めてくる相手を裏目にその差は
開く一方。
結局そのシュート力を最後まで修正出来ず完敗。
予選2位グループで明日を迎える事になった。

毎年ディフェンス主体ととうたっているBEAT Jr.だが
いくら懸命に守っても決めれるところで得点できない
ようでは残念ながらバスケにならない。
個の役割を決め、各ポジションで責任持った攻撃
かつ無駄な動きのない的確な動きの必要性を感じた
1日となりました。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground