FC2ブログ
2017-08-14

第5回BEAT Jr.カップ 初日

初日のBEAT Jr.カップは予選からスタート。
16チームを4つのブロックに分け先ずはブロック
トーナメントで順位を決めていくもの。
本年度のチームの力はまだどこも未知数、そんな中
どの試合も予選から白熱した試合が行われていて
非常に盛り上がっていました。

そしてBEAT Jr.の本日はフルメンバーで参戦。
年間でBEATの正式ユニフォームを着込んで試合を
行うのはこの大会を含んだ3大会のみ。
だからベンチに入れるのは15名、それでも主催大会
を全員で盛り上げチーム一丸になってもらいたいところ。

20170814_112920(0).jpg

その第一戦目は神奈川県から来たチームとの対戦。
ここのチームは春先に対戦させて頂いたチームで
人数こそギリギリだがアグレッシブルで非常に面白い
バスケをするこれまでなかなかみないチーム。
その大会で再戦を誓って分かれこの大会で改めて
カードを組ませて頂いた。
この日も1年生を含んだ5名のみの参加だったが
「ガチやろう」っていう言葉で試合が始まった。
相手がどんなチームでもスタイルを変えないのが
うちのモットー。
試合は人数の多いBEATが終始有利で点差こそ離れ
たが最後まで諦めないその姿勢はバスケを十分
楽しんでいたね。
先ずは
お疲れ様でした。

20170814_161231.jpg

そして2試合目は同じ県内チーム。
上背こそないが個のバスケは上手く、よくバスケを
理解しているっていう感のチーム。
序盤昨日からのイケイケ感で流れを掴んでリードする
も中盤1対1からの攻撃、ゴール下を支配され徐々に
相手ペースになってしまう。
その間ベンチメンバーを立ち替え入れ替えで対応
するがなかなか流れを持ってこれず終盤。

必死にDEFするもここぞというところで得点されなかなか
追いつくことが出来ない。
最後も攻撃的布陣を組んでも攻略出来ず残念ながら
BEATは予選で惜敗してしまった。

昨日の別大会で何とかチームスタイルを確立したが
この試合ではメンバーの組み方が上手くいかないと
いう課題が浮き彫りになった。
今年のBEAT Jr.絶対的なスコアラーがいるわけでもなく
部活では中心だったかもしれないが、やっている事が
素人ぽいやつらのい集まり。
さらにポジション、相性とかもあってなかなか各々の
パフォーマンスを出せないでいたのがこの試合。
早急にこの課題と向き合い明日に繋げていきたい
ところだ。

ただシュートが入るだけの者を揃える、上背がある者
だけの面子を組めば勝てる?
そうでないから面白いんだよねバスケットボールって。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground