FC2ブログ
2017-07-27

用語の意味

本日で県内の県総体の予選が全て終わったよう。
結果BEATメンバーは3名が来週行われる県大会出場を
決めました。
先ずは「おめでとう」♪
出場だけで終わるのではなく1つでも勝ち進めるよう
頑張ってきて下さい、応援しています。

さて本日もBEATは何も変わらず通常練習。
先日も書いたが練習の中では数多くのバスケ用語が出る。
で、うちの奴らはその単語だけを覚えようとするから結果
身につかないんだよな。

例えば現在行っている練習でアタック、ストレッチ、スリップ、
スプリット、リトリートとか普段のバスケの試合の中でもあまり
使わない単語もある。
ではその日本語直訳は
 アタック=攻撃
 ストレッチ=伸びる
 スリップ=滑る
 スプリット=割る
 リトリート=後退
となり、その意味を動きに繋げると比較的分かりやすくなる。

じゃ「格好つけてないで最初から日本語で言えよ!」って
なるよな普通。
ただこれらはカテゴリー関係なく全国で共通している言葉で
一語でその関連する動きが分かるから皆用語を使っている。
だから今のうち覚えていけば損はないという事。

またバスケ用語はこのように単純に分かり易い英単語の
場合もあるが、そうでないものも多くある。

例えばよく試合でも使う「フラッシュ」っていう言葉なんかは
直訳するとひらめき、一瞬となるが、動きはローポスト付近
からハイポストに上がる動き、もしくはボール運びの際に
繋ぎに上がってくる動きを一言で言う。
もっとも上がる際に瞬時に上がるようにという意味も含ま
れているのだろうけど、これらの動きを試合中に一言で
伝える事ができるから普段から用語を使っているのでは
ないだろうか。

その他にギャロップステップのギャロップというのは馬の
走り方からきた語源、ユーロステップはヨーロッパ出身の
NBAプレイヤーがよく多様していたからそう呼ばれるように
なったなど調べるといろいろ面白い語源もあったりして
勉強にもなるよ。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground