FC2ブログ
2017-01-17

「戦い」

例年にないくらいレベルを落としファンダメンタル重視
でスタートした今シーズン。
前回の練習に引き続き事細かく説明しながら入った
本日の練習も1つの練習を教えるだけで相当な時間を
費やし、ぶっちゃけ時間が足らない現状だ。
正直1からではなく「0」から、まさに「手取り足取り」
状態。
説明最中にさらに分解して教えを落としていくあまり
肝心な事も忘れてしまうありさま・・・。
練習が終わると喉もカラカラで疲労もMAXです!

まぁ、今は「我慢」しどころだろう(汗)

ただその状況の中、俺自身気を付けておきたいのは
2点。

1.自己満足しない
  いくつからのメニューを組み立て教えた事だけに
  「満足」せず、そのスキルが実践で身について使えて
  いるのか?
  或いはその練習で結果的に成長出来ているのかを
  しっかり把握し最後まで個々を追っていく目を持つ事
  を忘れない。
  さらに各メニューをいつでも見なおせる勇気と判断力
  を持つ事。

2.オーバーコーチング
  これは教えすぎるあまり、子供に考えを待たせず
  指導を超えて指示で動かせる教えをいう事だが、
  今もそうだがここが俺の悪いところ。
  思わず先に口に出てしまう・・・。
  今シーズンの面々は超がつくほど素人。
  例年以上に口数が多くなってしまいそうだが、そこは
  彼らの創造性も汲み取れる器を持ちたいところだ。

最もこれらはあくまで奴らが「受け入れる心」があるという
前提の話し。
いくら練習を繰り返しても、何を指導しても耳も傾けずに
自分の好きなように過ごすのであればそんな心配する
必要もない。

今日の練習でも以前に教えた事を聞いても最上学年に
なる現2年生からは答えは出ず、正解は小学生から出て
くるのは如何なものかな?

さぁ、今年は指導の中に奴らとの「戦い」も入ってきそうな
特殊な年、ある意味楽しみだ(笑)

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground