FC2ブログ
2016-11-05

「2016応時杯」初日

今年も畑中先生が指揮をとる「応時杯」に参加させて
頂きました。
今年で29回目を迎え、参加チーム数も県内外男女
チームで80チーム近くになるという県内でも最大級な
大会でもある。

例年BEATの3年生はこの日に県外遠征、高校練習会
が入っている為選手権Bチーム(2、1年生)で参加願い
出していましたが、今年はその下級生が部活動等で
メンツが揃わなかったので急遽3年生Aチームがこの
大会に参加となった。

初日の男子予選は3会場を使い36チームで各会場
の中で順位を決めるという予選もからとてつもない
大きなものとなっている。

ただゲームはハーフゲームの2ピリ制。
ちょっとした油断、試合の入りに失敗するとこけてしまう
勝負だが、ここはうちが今課題部分の1つ。
良い練習になるという前向きに考えて実践練習の1つ
として戦っていきたいところだ。

20161105DSC_0459.jpg

その初戦は県中体連の上位メンバーも顔を揃えたチーム、
県選のビッグマンもいて上背もチームとの対戦となった。
序盤からオールコートであたり相手のバスケをさせない
ようにスタート。
激しいディフェンスに嫌がる相手を負い目に前半から速い
展開で得点を取りにいく。
流れこそBEAT寄りだったがフィニッシュが決まらず点差
こそつけれなかったがそのまま勝利。

2試合目は地元の中体連の下級生チームとの対戦。
この試合もスタイルを変えず先と同様。
ベンチメンバーも全員参加させて快勝。
予選1次ラウンドを1位通過。

20161105DSC_0566.jpg

そして2次ラウンドトーナメントの初戦は愛媛のクラブ
チームとの対戦。
能力の高い今風なバスケ?をする子がいたが、そこは
チームディフンェスで凌ぎ快勝。

2試合目は今シーズン何度も対戦のある岐阜県のクラブ
チーム。
毎回きわどい試合をしながらギリギリで勝たせてもらって
いるが今回もやはり同じ展開で接戦となってしまう。
残り40秒を切った時点で2点ビハインド。
タイムアウト後、即同点に追いつき残り6秒で逆転。
今回もギリ勝たせてもらいしました。

そしてこの予選最後の試合はこの会場の決勝戦。
相手は同郷の強豪チーム。
この試合も序盤ペースを掴めずリードを許し追っていく
展開になってしまう。
後半からディフェンスシステムを変えようやく流れを
掴むとそのまま勝利。

ハーフゲームながら5試合何とか勝利し翌日の決勝
リーグに駒を進めた。

20161105_172550(0).jpg

やはり1ピリのスタートに限るね。
ファーストシュートが先ず遠い、序盤からミスから始まる。
後半立て直す力があるなら最初からパフォーマンスを
出してほしいところだが如何せんスロースターターなん
だよな。

結局チームシステムに頼らざる負えない現チームだが
それでもオンザコートの面々のみでバスケが出来るよう
になってもらわないと本番がヤバい。
そんな危機感を持ってほしいと思ったこの予選だった。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground