FC2ブログ
2016-08-25

「不言実行」!

平日の練習時間が僅か1時間30分と非常に短い時間
しか練習が出来ないBEAT Jr.。
この時間をいかに有効に使うのかは本人の意識しかない。
水分補給を休憩時間だと勘違いしてダラダラしゃべって
次の練習が遅れてしまったり、或いは各練習の始まりの
準備段階で歩いて動いてみたり、指摘されないと的確に
動けない面々もいたり、どうも無駄な時間が流れてしまう
事が多い今日。

選手権まで残り3か月、もうこれからは1秒でも時間が
惜しい。
そんな状況にも関わらず彼らは県1番を目標と言うのだが、
果たして1番になる努力をしているのかと言うと甚だ疑わ
しい限りである。
高い目標を口にして頑張ろうとする姿勢は悪くないが、
行動が伴わなければそれは自己満足の域でしかない。
先ずは不言実行でひたむきに頑張る姿勢で取り組んで
ほしいところだ。

さて、この時期から攻守共に徐々にチーム練習主体の
練習に移行していっている。
その序盤の練習は3-3~5-5まで幅広いナンバー
プレイを覚えてもらいその中から実践で確実に使えるもの
を残していく。
当然チームプレイなんで一人でも違う事をすれば機能
しないだろうし、かつ共通な意識も持ってもらわなければ
困る。
だから毎年この時期になるとそのシステム(動き)を自分
なりにノートに記して自己でも勉強(復習)しておけとも
言っている。
でも残念ながら出来ない奴に限って何もせず、間違いを
起こしてしまう。
さらにこのような面々からよく出る言葉は「多分」とか
「だいたい」とかというあいまいな返事。
中には知った被って「うんうん」頷いている最悪な奴も
いるけど、分からなければ勇気出して聞いてほしい、
あとあとの為にね。

うちでは昔から「多分」とか「だいたい」とか半ば非完全
ではない中途半端な言葉を言わないよう指導している。
これは簡単な話しで適当或いはうろ覚えでいい加減な
事をせず、責任持った動き、考えを持ってもらいたいから
そうしているだけ。

要はうちはいつも「0か100」なのである。

ほんと上を目指す気持ちがあるならば、細かなとこにも
拘って戦ってほしいね。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground