FC2ブログ
2016-06-12

「見本」

小、中学生の時期はたかが1つ学年が違うだけで、フィジカル、
スピード、技術力が大きく変わり全ての面で差も大きくなるのは
よくある事。
稀にその差がない年代もあるが基本やはり上の学年がチーム
の中心にいる事が多い。
現BEATもまさにセオリー通り。

それでも週末の試合形式の練習では3年生と2年生、2年と1年
もしくは3年生と1年生とも対戦させている。
力の差が激しいと残念ながらお互い練習にならない時もあるのは
たしかだが、それは結果だけの話しで内容に「拘り」を持った時は
その事情は変わる。
例えば体格も大きく変わる3年生と1年生と対戦させても、うちの
3年には一切力を抜かせていない。
だから結果的に見たらコテンパン。
でもその3年生が拘る部分は相手に合わさずシュート、パスの精度
上げる事、或いは切替えの速さを追及したり時間の使い方、展開
の方法、いろんなディフェンスの付き方を試すなどして決して上背、
個の力のみではやらせていない。
だから、たかが1Qのゲームでもヘロヘロ状態。
それぐらい全力で1年生相手にも戦っている。

一方の下級生はその格上相手に全員が逃げずに戦う事から始まり、
強い当たりを実際に体感する。
さらに現在行っている練習が通用するかの判断或いはその練習した
事を試してみてどうだったかを肌で感じてみるところが今の段階
だろう。

良い見本が傍にいて環境は整っている。
せっかくなら、それを使って見て覚え、真似してみるくらいの
前向きな姿勢を持って実践練習をしてもらいところだね。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground