FC2ブログ
2016-05-22

「第8回トマトカップ」2日目

「トマトカップ」2日目の決勝リーグ、BEAT Jr.は準決勝からの
始まりで、今朝はかなり時間に余裕があってゆっくり出来ました。
うちの奴らも昨晩はかなり遅い時間まで起きてて、さぞ楽しんだ
ようだけど、ほんと旅行に来ているようだ(笑)

まぁ、しっかり楽しんだ分、試合の方もよろしく!

20160521item-26.jpeg

さて本日の初戦、相手は昨日同様愛知県内の中体連チーム。
ただ上背がありうちのスタメンは全員ミスマッチ状態。
昨日の試合もそうだったが、今年のBEAT Jr.全体的に上背がなく
どの対戦相手とあたってもほぼミスマッチ状態。
それでもチームをスタイルを変えず先ずはオールコートディフェンス
からスタート。

序盤そのディフェンスが機能して一方的な展開で前半を終える。
後半からメンバーも入れ替えるが流れを一切渡さないまま快勝。
危なげなく決勝に駒を進める事が出来ました。

2016052101item.jpeg

そして決勝戦。
相手はやはり地元の中体連チーム。
このチーム春先の新人戦では県ベスト4クラスの力を持った強豪で、
うちのメンバーが所属している部活動では全く勝てていないという。

その相手の抑えどころ、スタイルを部活で対戦済みの奴らに確認
しながらディフェンスは先と同じようにオールであたり、全ての
箇所でボディチェックディフェンス。
オフェンスは敢えて全て速攻系に絞って前半を挑ませてみた。
結果1ピリの失点は僅か1ゴール。
2ピリも最少失点で凌ぎ前半を大きく差を広げる事に成功。

後半になって少しずつメンバーを変えながらもそのスタイルを維持、
途中ディフェンスシステムをいろいろ試しながら最後まで攻守共に
集中力が途切れないままこの試合も快勝。

20160521item-14.jpeg

結果この大会5度目にして初優勝を果たす事が出来、念願の
「トマト2ケース」をGETしました。

「Congratulations♪」

最後まで相手に合わさず今出来る(練習通り)事で実績を残せた
事が大きな自信となりましたね。
そして予選、決勝リーグを通して1Qあたりの平均失点は6点弱。
ここにきてディフェンスの重要性とコツを掴みチームとしても次に
繋げる経験が出来ました。
また、この大会をもって中学総体まで部活を優先にしてもらう為
当面チームとしての活動はないが、この大会で掴んだ感覚を
決して忘れないように頑張ってほしいところだ。

20160521item-22.jpeg

最後にケイジさん、熊さんをはじめ大会関係者の皆さま2日間の
準備、運営、そして多大なるおもてなし誠に有難うございました。
これからもどうか宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground