FC2ブログ
2016-05-17

「自分を知れ!」

現在総勢38名のBEAT Jr.のメンバーがいるが、本日の練習
テスト週間で小学生も入れて僅か9名の参加。
まぁ、よくある事だから今さら驚きもない。
逆にコートを広くそして個人としては普段の何倍もの練習が
出来るからこの時期に練習参加出来るメンバーはラッキーと
思って前向きに取り組んでほしいところだ。

さて、今日の練習はその少ないメンバーでここぞとばかり
オールコート練習から始めてみたが、時間が経つに連れて
一人また一人気分が悪くなり練習開始から僅か30、40分
程度で3名が離脱・・・。

「う~ん、そんな激しい練習をしているわけでもないんだけどな」、
走る事なんてバスケットボールでは当たり前の事、もっと言うなら
これがうちのスタイルで今日の練習は最低限程度の練習。
これで音を上げるようでは以降ついていくのは厳しいかもよ?
まぁ、今の自分の力の無さを十分に感じてくれ。

また最後までやり続けた6名のうち3年生は流石と言ったところ、
力を一切抜かず常に声を出して中心になっていた。
1、2時間の練習をただやれば良いという問題ではなく、やはり
自分に負荷を掛けそして全ての面で精度を上げて最後までやり
きる。
こういった姿勢が次に繋がり、個のレベルを上げて行くのでは
ないだろうか。

でもちょっと感心したのはイレギュラーで呼んで参加した小学生、
最後まで懸命に頑張っていたね。
特別速くもなく、上手くもないもの精一杯出来る事をやり切る
姿勢は十分感じとれた。
限界を決めるのは自分で俺はそれ以上を促す事もしない。
でもね、限界を超えた時始めて新しい自分を見つけその姿勢が
新たな技術として見に付くものなんだよね。

決して無理をしろとは言わないが簡単に諦める事だけは止めて
ほしい。
うちに入った理由は何?
今一度そこを考えて以降の練習に取り組んでほしいね。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground