FC2ブログ
2016-05-07

「攻略」!?

本日午後から時間が空いたので名古屋市内で行われていた
市内の春大を除いてきました。
会場に着くとちょうど午後の試合が始まっていたが2面のコート
にはBEATのメンバーがその中心にたって頑張ってました。

その中身は・・・。
まぁ、部活の中の事なので本番に向けて精一杯頑張ってくれ
としか言えない。
でも見てて面白いのは普段うちで活動している時についている
ポジションと部活内でのポジションが全く違うっていうのは何だか
新鮮だよね。
ではそれが不正解なのかと言うと別にそうではなく、面子に応じて
アジャスト出来る力があるという事は個にとって非常に良い事。
今のうちにいろんな経験をして多くの引き出しを見に付けてほしい
ところだね。

20160507_160421.jpg

そして試合観戦後は大府で活動するジュニアチームと練習試合を
させて頂く為に移動。
部活動の活動が盛んになるこの時期にクラブチームの試合をさせて
もらう事は非常に貴重で有難い事。
せっかくなら次に繋がる練習をして終わりたいところだ。
さて、その対戦相手は各ポジションに上背の大きい選手がいて、
所々でミスマッチになる相手。
上背の高い相手にどう戦うか面白い一戦になると楽しみにしていた。

その序盤、先ずは上背のあるインサイドにボールを簡単に入れさせ
ないよういつも通りバックコートからのディフェンススタート。
途中ファールがかさみやや苦しい展開になるも要所でそのディフェンス
がはまって徐々に点差をつけて前半をダブルスコアほどで終える。
後半に入って対応してきた相手に抑えどころを少しずつ変えながら修正し
最後まで相手に合わさず危なげなく推移し勝利。
上背のある相手に怯まず戦えた事が大きな収穫となったかな。

これまで戦ってきた対戦相手は上背、スタイルも違えば攻め所、抑え所も
チームによって違う。
本来ならコートに入って戦っている奴らがそこを瞬時に分析し動きの中で
対応できれば苦しい展開にもならないのだが、残念ながら今のところその
能力はなく完全にベンチの仕事となってしまっている。

力の均衡した相手或いは格上相手と渡り合う為には相手の癖を読み取り、
ポイントを抑えながら攻守で攻めていかないとそうは勝てない。
一番の理想はマッチアップ相手の攻略を責任もって出来る事。
一昔、選手権の本番時に「1対1で必ず勝てるからボールをまわしてくれ」
って言う頼もしい奴もいたっけ。

そんな信頼出来る存在になるよう、ただ漠然といつも通りの動きを
くり返すのでなく、所々で相手の個、チームを分析して攻略しようとする
力も実践で身につけてほしいところだ。

20160507_194455.jpg

また、現在のチームは日によってオフェンス力は上がる時もあるが
それも安定しておらずまだまだ足らない箇所は多くある。
点の取り合いで勝負?
残念ながらまだそのレベルまで達していません。

では最悪な状況になった時に凌げる戦法としては「ディフェンス力」の
強化が必須である。
チームスタイルである「ディフェンシブル」なバスケにはまだほど遠い。
もっともっとチーム力の幅を広げていこまい。


最後に遅くまで対戦して頂きました皆様、誠に有難うございました。
これからもどうかお付き合いのほど宜しくお願い致します。


スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground