FC2ブログ
2016-05-26

「拘る」箇所

普段の練習時、同じ練習でも「個の拘る箇所」を間違えると以降の
成長の差に関わってくると実感した。
それは今日の練習のAチームと少しだけ除いて見た下級生中心の
Bチームを見た時の率直な感想だ。

例えばA、B共のシュートドリルを見てても「シュートを入れたい」
という思いだけでゆっくりドリブルをついてみたり或いは無茶な姿勢
になってもボールを放り投げて入れる事だけに拘る者と逆にシュート
をする「前の過程」にも拘ってシュートをしようとする者がいる。
前者はやはりBチームに多く、Aチームのメインは後者に加え確実に
入れに行くというところに拘っている。
しかしAチームにも今も前者の者がいてそれが「差」として出ている
のは現実的な話しだ。

ではその過程とはキャッチボイス、貰い足から始まって突き出し、
スピード、ステップ、高さ、ボールポジション、ループ、フォーム、
ボールを持ってない方の手の使い方、狙う箇所そしてボールを放つ
指先の処理の仕方までを意味する。

勿論、得点を取りに行こうとする前向きな姿勢は問題なくそれは誰
にも必要な事。
ただ適当、無茶なシュートは入ったとしても残念ながら継続性は
無く、本番の試合でも使えない。
それを練習内でやるのは本末転倒って言ったところであろう。

ミスをしないようにって簡単な事をセレクトして淡々と時間を消化
する自己満足はもういいって!
練習内ではいつもチャレンジしてミスしたら修正、これを繰り返
そうとする部分に拘ってもらいたいところだ。

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground