FC2ブログ
2016-03-15

「クリニック」!?

本日の練習は現在県内の高校のトップで指揮する先生を
迎えて急遽イレギュラーとなる「クリニック」して頂きました。

ほんと大人の話しで急遽決まった事で事前に子供達にも
親御さんにも伝えていなかったが、それでもいつもより多くの
メンバー及び多くの親御さんがいて非常に緊張感ある雰囲気
での練習となった。

20160315_195809.jpg

「格上相手にも対応できる動き」、「勝つために行う事」を
重点に1つ1つ丁寧な指摘と引き付ける言葉、理論づけた
動きの指導には我々スタッフも目に鱗状態でしたね。

でも分かったかな?

バスケ用語を混ぜながら時おり難しい指導もあったけど
言っている事、ニュアンスはいつもBEATの練習で指摘して
いる事なんだよね。
そのいつもの練習に起爆剤となる理論づけられた良い
動きを加えてもらい、レベルの高いところに引っ張って
くれているという事だ。

普段から言われている事でも「慣れ」からその言葉も徐々に
薄れていってしまう事があるが、今日のように外部からさらに
実績のあるチームを指導している監督からの言葉は心に
響いて次からの練習に弾みがついた事だろう。

また、我々スタッフも普段の練習が決して間違っていないと
いう事も実感できてちょっと安心すると共に、次のクールへの
ヒントをもらいかつ常に勉強が必要だという事も再認識させ
られました。

20160315_203815.jpg

本日は下級生こそ終始見学状態になってしまったが、まさに
今日のような練習では「聞く事」、「見てる事」が非常に良い
勉強になる練習だったのではないだろうか。
さらに実感してほしいのは、レベルの高い事をしようとした時
当然ファンダメンタル、個の技術力も必要でかつバスケ用語も
含めて言葉の理解力も必要となってくる。

そういう意味では以降の練習からしっかり耳を傾けて、目的
意識を十分理解した上で緊張感を持って取り組んでもらいたい
ところだ。

クリニックはあっと言う間に過ぎ、有意義な時間となったが、
1クラブチームが今日のようなクリニックをしてもらえるのは
なかなかない事でほんと贅沢な話しだ。
でも、ほんと良い経験が出来た事に感謝です。

練習後は監督をまじえ食事がてらにまた我々の勉強会(笑)
遠方より遅い時間まで貴重なお時間を頂き有難うございました。
今年もまた1年何卒宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground