FC2ブログ
2016-03-13

「色」

本日は練習場所こそ臨時の場所だが、日曜日という事で試合
形式の練習を慣行。
今日も新入生前の小学生から現2年生まで満遍なくメンツが
集まったがそれぞれの年でいろんな色があるから面白い。

現2年生は現在皆がそれぞれの部活で中心になっており、
やっている事(ポジション)もほぼ同じだと言う。
ではうちの中ではケースバイケースで役割分担が変わるので
瞬時にアジャストしなければチームの展開についていけれない。
試合の序盤にドタバタするのは最初からその意識がないだけ
だと思っている。
現に一言促せば直ぐにアジャスト出来るのが今年の新3年生。
いつも(部活)よりもっと上のプレイが出来る面々が揃っている
ならばそこで出し惜しみ、いつもと同じ事をするのではなく、もう
少しレベルの高い動きにチャレンジしてみたらどうだろうか。

そろそろ自分達の中(オンザコートの面々)で分析、修正し序盤
から本来の動き(BEAT内の形)を確立してもらいたいところだ。


現1年生に関しては、そもそもBEATのスタイルを丸っきり無視
した奴らばかり。
ディフェンスに関しては先ず適当でオフェンスに関しても人任せで
思いっきりさが全くない。
もっと言えば、俺達の言葉がいまいち届いていない事かな?
その言葉に反応も無ければ「やれ」と言う事さえやらない。
それでは俺達がいる意味も練習さえ無駄な時間でもある。
今日の後半時の上級生との対戦でそのあたりに「ピン」っときて
ほしいところだ、「何が違う」のかという事をね。


そして新1年生を迎える小学生達。
本日で6人目になる子が正式メンバーとなったが、こいつ等は
怖いもの知らずでアグレッシブルなところがおもろい。
試合間でも彼らなりにいろいろ話しあって次の試合に備えている
前向きな奴らだ。
それが間違っていれば教えてやるからその姿勢は継続して
ほしいところだね。

現に1つ上の上級生に果敢に立ち向かって、2つ上の格上にも
恐れずに戦っていく。
今は「ミス」なんか恐れずいろいろ試してみる時期だろう。
そして一言一言の言葉を受け入れて吸収してほしいね、今は。


チームスタイルこそ変えないが年々メンツの色が違う為、毎年
同じようなチーム作りは出来ない。
でもね、毎年他の指導者の方には今年も「BEATらしいね」って
言ってもらえる。
それは言い意味でね。

そういう意味では皆が信じて同じベクトルに向いて取り組んで
もらいたいところだ。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground