FC2ブログ
2016-03-08

「改善」

本日の臨時練習、いつもBチームを見て貰っている熊さんが
不在だったが、偶然BEATの練習に行きたいと言ってきた
うちの2人の息子がいたので奴らにBチームを見て貰った。

バスケ歴だけは10年以上やってる奴らなので、それなり
には見てくれるだろうと思い任せてみた。
終わってみて中身を聞いてみたら「暗い」、「反応が薄い」
だって(笑)
そりゃそうだ、いきなり知らん奴に教えてもらっても普通は
そうなるだろうな(笑)
思春期真っ只中の厨房達を引き付ける言葉とか、情熱が
伝わらなければ言葉も届かないし、心も開かないだろう。

もっとも暗いっていうのはひっかかる。
常に真剣にやっている我がチームだが、なぜか「活気がない」
のは承知の事実。
決してワイワイ騒いでやりたいとは思わないが、練習内での
必要な声もなく黙々とやる面々が多い。
ここ最近多くの体験が参加しているが、正直この雰囲気では
ちょっと息苦しく思えるのは否定できないところだ。

時に外からの声にも耳を傾け、良い方向に変えれる部分は
改善していかないかんね。


ところでメンバーが増えるのは非常に有難いがそれに比例
していろんな問題、いろんな子が出てくる。
バスケ以外にも生活態度等に言及しているうちのチーム
だからこそ、そこもないがしろには出来ないところだ。

バスケの技術だけを教えるのは正直簡単な事。
今日のうちの息子達でもそれは出来ることである。
ただチームを持っている以上、全ての奴らと全ての部分に
面と向かって「戦って」いかなければチームは安定して継続
出来ないだろうね。

まぁ、それは俺の仕事だからこれからも気合入れて戦って
いきますわ(笑)

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground