FC2ブログ
2016-03-01

「普通」さ加減?

練習は時に次の実践に備えて、時に課題をクリアする為いろいろ
修正しながらやっていくものだが、現在の練習はまだ「土台作り」
に他ならない。

本日の臨時練習でもこれまで繰り返してきた初期ドリルを行って
いるのだが、よくよく見ると未だにやっている事がバラバラ。
練習の随所で細かく指摘しているのだが、どうも一部にはその
言葉は届いていないようだ。

まぁ、ここだよ「差」が生まれていく答えは。

何も意識していない彼らは「やらされているのかな」?
もしそうであるならばわざわざお金を払ってうちでやる必要はなく、
何も言われず好きな事が出来るところでやるべきだ。
土台も出来ていないのに次のステップに行けるほど甘くはない。

ある練習から次の練習に移る時もそう、声を出して率先して動いて
いるのはキャプテンと数人のみで後は他人事のよう。
チームスポーツであるバスケでそれが正解なのかな?
悪いがAチームに関しては下に合わせるつもりは毛頭ない。
そろそろ「危機感」を持って集中してやってくれてもいいんじゃないの。

また、Bチームは高校前の3年生達がBチームの指導に一役買って
もらっている。
その3年生達が身ぶり手ぶりで教える事が出来るのもこれまできちんと
やってきた成果ではないだろうか。
既に高校の練習にも参加している奴もいると言う事だがこの3月は
合間を見つけて助けてやってくれよな。

そして小学生の体験の多いのもこの時期ならではの事。
今日も5名の小学生達が中学生達に交ざって汗をかいていたが、
申し訳ないが特別扱いはせず、普通に同じ練習をやってもらっている。

特別にやったイレギュラー練習ではチームの本当の意味での雰囲気
だとか、自分に合う合わないとかの実感は湧かない。
だから何ら雰囲気も変えずいつも通りの練習で実体験してもらっている。
もしその中で何か共感出来るものがあれば是非とも入ってきてほしいね。

BEAT Jr.って厳しそうって思われる事が多いけど、決してそうではなく
言っている事、やっている事はシンプルで実は普通の事ばっかなんだよ。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground