FC2ブログ
2016-02-18

「手本」

そろそろテスト週間から帰還してくる面々。
本日はメンバーも揃っていなかったが通常練習に戻してみた。

Aチームの上級生は人数こそ少なかったが以降の練習の為に
改めて少人数でじっくりシューティングメニューに時間を掛けて
みた。
皆が戻ってきた時に「お手本」になる為にね。

これまで一連の練習を行ってきたが、遠くからみた「パッ」見は
そこそこ出来ているものの、その精度は至って低く目的意識も
無視状態。
だからこそメニューの確立の為に一躍かってもらったという訳だ。

制限された新たな動きをやろうと思った時なかなか上手くいかない
のは普段から出来る事しかやっていない証拠。
そういう意味では以降全員に「拘り」を持って新たな技術を身に
付けてもらいたいね。


そしてBチームに関しては現3年生に全面的に指導をお任せした。
「はいぃ?」、あの適当な、あのオチャラけた馬鹿野郎共が指導?

「はい」、その馬鹿野郎達を思いっきり信用しちゃいました。

練習内容は通常やっているものばかり、その練習に一緒に混ざり
ながら個々に指導をするというスタイル。
常に声を出し、全力で相手をしてくれている姿はまさに「お手本」。

練習後に下級生達に話しを聞くと分かり易いとか、楽しいとか
良い話しばかりしか帰ってこない。
結果、存分に後輩達を面倒をみてくれた1日であったよう。
「お疲れさん」。


俺もそうだけど「教える」というのは非常にパワーが入り
かつ自分の為の勉強にもなる。
もっと言うなら教える時に「適当」な事も言えないし、心を
引き付ける言葉とか行動も必要。
まぁ、奴らがそこまで考えているとは思わないが、今日の
ような練習はBEAT Jr3年生メンバーとして最後の奉仕。

あと1週間、最後までチームを支えてやってな、よろしく!

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground