FC2ブログ
2016-02-15

「楽しさ」感覚?

昨年度まで、年末から新年度にかけて新1年生の体験日を
毎月設け、定期的に小学生対象の練習日を行ってきたが、
有難い事に特別な事もせず多くの体験者が練習に参加して
くれている今年。

既に正式入団メンバー或いは入団を見越したメンバーが
数名いるBEAT Jrだが、いつもながら地域もバラバラで、
相変わらず遠方からも駆けつけてくれる。

そしてその体験者全員に最初に言う事は全て一緒。

・真剣な取り組み姿勢。
・勉学との両立。
・常識的(礼儀、挨拶)な事項。
・BEAT Jr.内のルール。
等々。

これらを聞いて「面倒」と思った瞬間、うちではないかもね。
さらに通常練習に体験参加してもらっているのだが、その
中身は地味なものだ。

傍から見たら「楽しくない」?と思われがちだが、正直
そうかもね。

ただ、よく言う「楽しさ」って一体なんなんだろうか?

特別小言も言われず好き勝って伸び伸びやる事なのか、
特にチャレンジもせず、やれる事のみやった結果たまたま
上手く行った事に楽しさを覚えるのか?
或いはベンチでギャーギャー騒ぎ、ミスしても笑ってられる
事が楽しいのか?

残念ながらうちはそう言う楽しさは求めていない。

勿論、時に緩急をつけて面っきり遊ぶ事はあっても、通常
BEATは全ての事を「普通」にやる事を推進しており、そこから
楽しさを見出しています。


さて、現在BEAT Jr.では現6年生をを含む中学生の体験入団
を募集しています。

その「普通さ加減」を一度体験しに来ませんか?
詳細は以下のHPをご覧下さい。

BEAT Jr.公式ホームページ

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground