FC2ブログ
2015-07-11

「はじまる」!

いよいよ3年生達の部活動の最後の戦いが始まった。

現BEAT Jr.の3年生達全15名は3地域、12校の学校から
集まっているが、ほとんどの地区が同日に予選が行われる為、
残念ながら全員の顔は観に行けない。

ただ時間が許す限り応援に行きたいと思っているから、
事前に日程、場所を聞いているところには顔を出しに行きます。

もっとも当の奴らは俺が観に来るのは「嫌がって」いるけどね(笑)

20150712_151116.jpg

さて、さて観戦の第一弾は一宮地区大会の初戦に行って来ました。

この地域を観戦しに行くのは初めてだが、ここにはBEAT
最終学年のメンバーが一人所属する部活がある。
そのバスケ部にはバスケ経験者がいないと聞いていたので
そいつが孤軍奮闘でどこまでやるんだろうと意気揚々で足を
運んで行ったのだが、試合が進むにつれてだんだん
「変な汗が」出てきた・・・。

申し訳ないが、第一声は「なんだこれ?」。
残念ながら、もはやバスケになっていない。
両チームともトラベリング、ターンノーバーの雨嵐で、
その嵐の中にうちのメンバーも一緒に参加しているんじゃねぇか・・・。

まだチームとしては勝っていたので何とも言わなかったが、もはや
観てて笑うしかない状態だったね。

こんなんじゃ、観られたくないわけだ・・・。


まぁ、この際だから自分もこの試合は楽しんで奴のフリースロー時に
手を振ってやると普通に笑顔で手を振り返しやがる・・・。

お~い、でっかい体育館で観客席とかなり距離が離れているのに
そこに気づくか?

「ふっ~」(汗)


結果この日の試合こそ初戦を突破したが2回戦では普通に敗退との事。
「まぁ、そうだわな」。

20150712_165004.jpg

この日は普段BEATの中では観れないメンバーの「違う姿」が見れた。
遠いところにいる俺を見つけて手を振り返してくれるなんて可愛い奴よ。
ただ、それはBEATの中では絶対ない事だよな。

そうやって考えると部活とBEATを大きく使い分けてる訳だよな?
本来のあり方は部活とクラブの良い部分を融合するところを目指して
いるから、それって「不正解」なんです。

同じバスケなのに環境、メンバーが変われば自分のスタイルを変えて
良い訳ない。
厳しい事言うけど、残念だけどそんな奴の成長は望めません。

ただ、これで部活が終わった以上、また気持ちを入れ替えて臨んで
ほしいね。

先ずは「お疲れ様」でした。

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground