FC2ブログ
2015-02-25

「DEAD OR ALIVE 」

練習中に「理解した?」、「やった?」或いは
テストの結果を聞いて「出来た?」みたいな質問を
した時、「多分」、「だいたい」、「あんまり」みたいな
あいまいな返事をする奴らが多くいる。

が、その「答え方」を一切許していないBEAT Jr.
である(笑)

BEATの中での答えは「0」か「100」、「YES」か「NO」、
それだけ。
「DEAD OR ALIVE 」(生きるか死ぬか)的な部分を
求めている(笑)

それは簡単な事で「中途半端」に理解させない事と
自信を持った答えを口に出来るようにする為そう
している。

で、「テストの結果は?」と聞くと、
「出来ませんでした」と胸を張って自信満々に
言う奴がいる・・・・。

「くそ野郎」!

まぁ、練習中もこのくらい自信を持った言葉を発して
ほしいところだが、そこは出来ないから頭が痛い。

練習中にいろんなバスケ用語を使って説明している時、
いかにも「分かります」的な顔をして「ウン、ウン」聞いて
いるが、その話の途中でその意味を嫌らしく聞いてやると、

「分かりません」って・・・。

「知ったかぶり」はいけません、「多分わかります」でも
駄目ですよ。

どうせなら「完璧」を目指そうぜ、目指すだけなら自由
だからね。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground