FC2ブログ
2015-02-05

その「差」?

練習を繰り返していると個々の違いが大きく見えてくる。

それは初めてやる練習でもポイントをおさえてチャンレンジ
しようとする者と何も考えずに出来る事のみしかやらない者
と大きく2択に分かれる。

前者は最初こそ動きはままならないが徐々に感覚を掴んで
後に自分の身にする。
後者はいつまでたっても技術レベルが上がらないまま。

結果的にここで個人技の「差」が出てくるのではないだろうか?

ではなぜ後者のような者が出てくるのか?と考えた時、

1に、
話しを聞いていない或いは練習のポイントを理解をしていない。
2に、
失敗を恐れ「無難」にこなそうとする意識がある。
3に、
楽(容易)に動ける選択をする。

と言ったところか。

練習においては残念ながら「損」する事ばかりである。

上手くなりたいという思いがあるならば、常に自分に負荷を
掛けて取り組むべきではないだろうか。


今日の練習時でもミスの理由を問いただすと「分かりません」と
いう答えが普通に返ってくる。
それは自分のした動きに全く責任がないか本当に何も分かって
いない証である。

我々だって馬鹿じゃないので、頑張る姿勢であるとか考えて
動こうとする姿勢はしっかり見ている。
その延長戦上のミスなんてなんとも思っていないし、そんな時は
助言を与えてやるし、分からなければ当然教えてやるよ。

とにかく今はチャレンジ精神旺盛であってもらいたい。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground