FC2ブログ
2015-01-12

「南飛騨BBカップ」2日目

南飛騨BBカップ2日目。

BEAT Jr.は決勝リーグの準決勝からスタートした。

今日のトーナメント戦は昨日の予選と違いフルゲームの試合。
ぶっちゃけ昨日はハーフゲームだったという事もあり、ちょっと
誤魔化しながらやっていたのは事実。

いきなりオールでディフェンスをし相手の出鼻を挫いてこちらの
ペースに持っていく感じ、それが功を奏していただけ。

しかし、今日はそれももう通じないだろう。
ガチの勝負と行きましょう!

20150111_115025.jpg
20150111_115020.jpg

しかし試合開始序盤、そのオールコートディフェンスがなぜか機能(笑)
1ピリからロケットスタート成功。

それ以降はその動きに慣れた相手に怒涛の攻撃を仕掛けられ2ピリ、
3ピリはほぼ互角状態。
点差も1ピリのアドバンテージを残したまま最終クォーターに入って
行った。

しかし3ピリまでにメインメンバーのファールトラブルで逆に劣勢の
立場を強いられる事になった。

最終ピリオドはベンチメンバーで凌ぎ何とか決勝までこぎつける事が
出来た。


この試合で大きな課題、選手層の薄さとハーフコートオフェンスの
不出来を露呈したね。
さらにタイトなディフェンスといってもまだ雑な動きでそのほとんどが
ファール。

やはりその精度を上げる事とチームディフェンスの必要性もあると
実感させられた試合となったね。

20150111_144538.jpg

そして決勝は同郷のチーム同士との対戦となった。
相手は上背もあるチーム。

序盤その見た目?に引いて消極的な場面が目立ち、
これまでの攻撃的な部分も見当たらず点差がつく一方。

2ピリに入り、慣れて来たのかこれまでの動きが戻り、
タイトなディフェンスが機能していき、前半を終えた時点で
何と逆転。

そして後半。
今度は相手のプレッシャーで大きく点を空けられてしまい
ゲームの「流れ」の行ききが重点となる試合展開となる。
その最中にまたもファールトラブル発生。

でも最終ピリオド、そんな事も言ってられずさらにディフェンスを
強化し何とか流れを持っていく術に持って行った。
その結果点差も縮まり、幾度とチャンスを掴んで行ったが、
尽くそのチャンスを手放し1ゴールが遠のく。

結局最後はメインメンバー2人ファールアウトとなり万事休す。

惜しくも準優勝で終えてしまった。

20150111_154729.jpg

最後の試合も選手層の薄さとここぞという時の攻撃力の無さが
試合を左右した結果となった。

個々の能力も必要だが、チームディフェンスをしっかりされた時に
その限界もある。
その為にチームで攻撃していく術もやはり必要であると再確認出来た。

内容だって決して悪くなく、善し悪しがしっかり分かっただけでも
十分収穫のある大会となりました。
さらにこの時期に彼等が悔しさを持ってもらった事も大きな収穫。
以降、個人技術、チーム力、メンタルの強化を全力で図っていこまい。


最後に主催の熊さん、ケイジさんを始め関係者の皆さま
2日間誠に有難うございました。

非常に公私共に楽しめる2日間を過ごす事が出来ました。

今年も何卒宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground