FC2ブログ
2014-07-25

「憤り」

先日以前からお世話になっているバスケお友達から電話を
頂いたが、「教え子の姿(公式戦)を観てたら気分を害して
途中で帰ってきた」と言う。

詳しく話を聞くと、ミニバスの教え子の中学の試合を応援しに
行ったそうだが、その姿に落胆し試合半ば途中で席を外した
との事だ。

全く「悲しい」話です。

その友達同様、我々は「カテゴリー」は違えどもバスケを通して
いろいろ教えているつもりで、それが繋がらない事に憤りを感じる
事があります。

では「なぜそうなるのだろう」?

答えはの1つとして「傍にいる大人が指摘出来ない」という事が
あると思っている。

決してバスケの指導が出来るとかの話しではない。
行動、言動に対して「駄目な事は駄目」と時に厳しく指摘出来る大人が
傍にいれば少なくてもそんな事にはならないのではないだろうか?

こないだの総体を観にった時にも変な話を聞いた。
とあるチームの中心人物には先生が気を使って何も言わないという。
県大会まで行くチームが試合最中に足蹴り、暴言を吐いているという
話も耳にする。

もはや上手ければ何をしても良いのか?


「人の振り見て我が身を正せ」。

少なくてもBEAT内ではそんな悲しい奴が出てこないよう気を引き締めて
かつ、目をひからせていかないかんね。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground