FC2ブログ
2014-07-08

「創造」?

先日の懇親会後の練習。
多くの親御さんから直接お礼、或いはメールでの挨拶を頂いた。
皆さん非常に楽しく過ごしてもらったようで、とりあえず安心。

2次会の話を聞くとほとんど覚えていない事ばかりだった・・・(怖)
帰宅時間も午前の3時過ぎだって??(知らんかった)

こんなんだけど、次の機会があればまた盛り上がりましょう!


さて、バスケットボールは常にクリエイティブ(創造力)な発想を
求められているスポーツの1つだが果たして今のBEAT Jr.の
面々はどうなんだろうか?

「新しいものを造り出す」?

残念ながら何も知らない所からは新た発想は出来ないというのが
自分の見解。

新たなものを造るにはそのプロセスがあって、先ずはファンダメンタル、
強いメンタルに経験値と理論付けた練習があると考えている。
その中で1つが欠けても新しい物は何も生まれないだろうし、それらが
無くては新たな「閃き」すら浮かぶ事はないのではないだろう?

現在のBEAT Jr.のAチーム、まさにその段階に入っている。
これまで繰り返してきたさまざまなオフェンス練習の応用段階だ。

きっかけは練習でやってきた事、その後はディフェンスの位置、スペースを
把握しながらこれまでの練習の動きに連動、展開していく。

だから「正解」は無限に出てくる。

ただ、こういった練習をスタートさせると「動き」だけに拘ってしまい、
途中途中の細かな動作が「おざなり」になってしまう事があるからこそ
集中して見てやらないかん時期でもある。

さらに、正解は多くあると言っても、たまたま(偶然)ではお話にならない。
だからその都度止めてはその動きの理論を聞いてやる。
その答えが責任持った動きの中なら正解と位置付けている。
勿論その精度を上げる為の指摘もしてるけど、ある意味今から楽しい
練習になってくるのではないのかな?

20140708_205558.jpg

そして後半はディフェンス練習。

今日は時間の空いたOB達が駆けつけてくれた。
せっかくなんで終始オフェンスに入ってもらい胸を借りてみた。
ぶっちゃけ「まだまだ」な奴らだけど決して力を抜く事なく相手してくれた。

良い息子達を持ったものだ。

以前のBEATと違い人数が多く、OBが来てもなかなか試合形式の
練習は出来なくなったが、懲りずにまた来いよ。

お前たちは動きたいだろうけど、俺はお前たちと話したいからさ(笑)

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground