FC2ブログ
2014-06-29

「一目瞭然」

テスト週間中の今日も人数はいつもの半分以下の17名。
これくらいの人数で出来るのも今日が最終かな?

でも良い環境だよ今の人数、チャンスだよこの時期は。
特別長い待ち時間もなく、学年、上手い下手関係なく平等にプレイニング
タイムが貰える。
さらにスタッフも細かな部分も指摘出来る環境がある。

こういった「チャンス」を有効に使ってもらいたいところだ。


そして「伸び率」や「対応力」を見る為の1つの術としては打ってつけ
なのが、この日曜練習である。

普段から指摘されている事を平気でやってしまう者、いつしか新たな
技術を身に付けてそれを披露する者、そして指摘された事に対して
意識してやろうとする者、そうでない者。

この練習を見て一目瞭然だ。

本来それらを持って次の練習に取り組んで行くわけだが、その言葉を
受け入れようとする者とそうでない者がいるから「差」が出ているの
ではないだろうか?

厳しい事を言うが、受け入れる「心」がなければ辞めれば良い。
チーム内のルールを「否定」するならばここにいる必要はない。

例えば、指摘した事に対して「部活では違う事を言われる」と言うのであれば
部活だけで活動すれば良いんじゃないの?
審判にボールを渡す時にボールを放り投げて渡すと叱られる?
当たり前!それはうちのルールだからね。

教える側、教えられる側の気持ちが「リンク」しなければ信頼関係も糞もない。
入団する時に覚悟を決めて入っている以上は、今は信頼してやってほしい。

信頼してやって成長の兆しもなければ俺等のせいにしてくれ。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground