FC2ブログ
2014-05-22

「理論付け」

今年のBEAT Jr.、集まっている学校数(27校)が多くテスト週間も分散してか、
テスト期間中の練習も毎回15,6人参加と平均している。

これまでのテスト期間は、酷いと1人、2人の参加があったと思えば良い具合に
ローティーションされているのではないだろうか。

今日も新たにテスト週間に入った者とテスト明けのメンバーが入れ替わった形で
人数も前回と変わらぬままの練習日となった。

で、練習内容も前回とそのまま。
ただ、今回は3年生が多く戻ってきた事もあり、前回と比べると割とスムーズに
練習が運ぶようになっていた。

流石、3年生って言ったとこだね。

さてその練習は、

・3メン
・1-1速攻
・2面速攻
・2-2ハリーバック

と、ここぞとばかりオールコートのトランジション練習を主体に行った。

毎回言っている事だが、ただ闇雲にいろんな練習を繰り返しているわけではなく、
各練習はその次の練習に繋がっている事を理解してほしい。

最初の練習時にその内容を理解していなければ次の練習には行けないし、
全ての練習をトータルして5-5の試合に挑もうとしている。

「見よう見真似」でOK?

いやいや、そうではなく先ずは「理論付け」が出来るくらいまでの頭を持って
取り組んでほしいとこだ。

だからこそ、分からない部分はいつでも聞けるよう「会話」という能力が必要であり、
その力を使って我々スタッフを動かせばいいと思っている。

普段から言っている事も全て繋がっているという事だ。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground