FC2ブログ
2014-04-23

「今は昔」

もう何十年前の話の事だが、自分の中学時代に病院なんて
行った記憶なんてほとんどない。

突き指?青タン?そんなん怪我のうちに入らない。
打撲?そのうち治る。
血が出た?唾でもつけとけっ!
骨折?テーピングで固定しておけ(笑)

みたいな「根性論」ありきな時代だったからね(笑)
逆に怪我を隠して無理してやっていたもんだ。

でも今の時代は先ず病院、検査等と兎に角、慎重。
その検査結果で肉離れだとか、内出血だからといって数週間安静。
時には「違和感」があるから休むみたいな。

まるでトップアスリートのようだ(笑)

勿論そう言われたら、万が一の場合もあるから自分も無理はさせないし、
それが本来の正しい処置だと今は思っているから休ませている。

時代も変わっているから当然の処置だが、それでも時に「根性見せろよな」
っていう時もあるのは事実。

「病は気から」、モチベーションが高い、気合が入っている奴は
そう簡単に休まないよ。

勿論、無理は駄目だが、我々も馬鹿じゃないから善し悪しの判断くらい
は出来る。

要は、時に「自分に厳しく」やってみたらどうだろうか?っていう事。


こんな考えは古いのかな?

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground