FC2ブログ
2014-04-18

「緩急」

「緩急」。

うちではよく使う言葉の1つである。

試合中のドリブル時やシュート時、オフェンスで攻める時或いは練習中と
練習後でもそう、その緩急の使い分けが如何に大事である事かを普段から
伝えている。

緩急の使い分けを上手く出来れば、能力的にスピード、瞬発力がなくとも
相手を揺さぶる事も出来るだろうし、練習時、試合時に集中したり、生活面
でもバスケと勉学の両立といったことが出来るのではないだろうかと考えて
いるから。

うちの遠征時でもそう、試合会場では真剣に取り組んでもらうが、宿舎に戻った
瞬間、他人に迷惑さえ掛けなければ基本何をしても良いと許している(笑)

要は、常に考えて常識的な範囲で全力で楽しみなさいという事である。


次週には、今年度最初の宿泊遠征も新1年生を含んだほぼ全員を連れて行く。
今回はイレギュラーで、この時期から多くの新入団員が入った為、歓迎会を兼ねた
遠征にしてみたわけである。
その総勢はスタッフ、配車協力をしてくれる親御さんを含めると40名超えの
大人数。

既存メンバーは既に遠征の過ごし方は知っているが、こういう機会で生活面での
緩急の使い方を1年生は覚えてほしいところである。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground