FC2ブログ
2014-04-06

原点って!?

本日はお友達チームのご厚意で交流戦に声をかけて頂きました。

4月に入って最初の集まりが、この練習試合。
まだ正式練習こそ始ってないが、取り敢えず「BEAT Jr.集合!」。


今日もB戦を行うと聞いて新1年生にも声を掛けておいたのだが、
総勢30名のメンバーが集まった。

それにしても、大所帯になったもんだ。

20140406_091140.jpg

試合会場についてみると、他のチームにも知った顔が揃っていた。
県外ながらミニバス時代からの知った連中で試合は勿論、合同練習も
一緒にやっていた仲の面々。

いやはや久しぶりだ。
子供達だけでもなく、そこの親御さんとも随分お世話になっていたな。
人懐っこい彼らも笑顔で傍に寄ってきてくれるが、その彼らに、まるで
コーチかのようい説教をしている自分がいる。

違うチームと言えどバスケを通じていつまでもこういった関係であると、
楽しいよね?

まぁ、頑張れよ!


うちのBEATとはと言うと、久しぶりにほとんどのメンバーが参加しての
試合となったのだが、終始よろしくないゲーム展開ばかりを披露・・・。

現時点で、バスケットにならない要因としては、

・イージー(シュート)を決めれない。
・ディフェンスにおいて危険察知能力が乏しい。
・ボールをコントロールするガードがいない。
・トランジションが遅い。
・フロアーバランスが悪い。
・声が出ない。
・応用能力がない。
・体力がない。

くらいかな??
ってか、ザクッとみると全部じゃねぇ~の、悪いのは!?(笑)

要はバスケをまだ知らないメンツが多すぎるということ。


じゃ、何も教えていないのか?と言われても、
いやいや、毎回同じ事を言い続けている、いやっ、随分前から言っている事
さえ出来ていない。

残念ながら、現時点では我々コーチの「言葉」が伝わっていないというのが
正しいかもしれない。

そして、まだ信用されていないという事が現実なのかもしれない。


もう1回、一からやり直しだね。


20140406_130024.jpg

さて、お昼休みにB戦をやらせて頂いたが、ここぞばかりに「新1年生」を投入!

今年の新1年生はBEAT Jr.では異例?のミニバス経験者のみが集まっている(笑)

勿論だから出来るという訳ではないが、それでもゴールに向かう姿勢であるとか、
ボールに向かっていく気持ちがあるから今後は楽しみかもしれない。


こうやって新1年生を傍で見てると、やはり「原点回帰」という思いが出てくる。

新2、3年生達は年月も経ち、部活動等の経験から、勝手に自分の限界を作り、
自分の頭の中にあるバスケしかやらなくなってしまっている。

要所で言っても返ってくる言葉は言い訳と怒られないような答えを言うだけ。


やはり、「気持ち」の部分と「意識」の部分から変えていかなければいけないな。


20140406_123221.jpg

最後に、この交流の主催のPOPYEさんをはじめ対戦して頂きました各チームの
皆さま、有難うございました。


未熟なチームですが、今年もお付き合いのほど宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground