FC2ブログ
2014-01-30

「信じて」

「練習の為の練習」は一切しないと宣言した今年のチーム、
毎回言っている事は3つ。


1.ゲームライク

常に試合で起きるシュチュエーションを意識し、仮想ディフェンス
或いは、試合でするような激しい動き、スピードを持って取り組む。

2.かけひき
「オフェンス対ディフェンス」の理論で常に相反する考えを持つ。

3.創造性

自らの頭で考え発想し、それを個の身体で表現する。


漠然とした事柄だが、これらを行うにはある程度の技量が必要。
さらに言えば常に「意識」しなければ出来ない事ばかり。

要は技術面と一緒に意識レベルも同時に上げていく練習を主に
行っているというわけだ。


これまで普通にやってきたシューティング練習をとってもそう。
対面でノーマークで多様なシュートドリルを行うのではなく、
常にディフェンスをつけたドリルに変えている。

それもシュートセレクトは固定はせず、相手(ディフェンス)に応じた
方法を個々で考えて行う。

以降もそういった練習を増やしていく予定。


チームスタイルこそ変えるつもりもないが、練習方法或いは考え方は
毎年進化しなければいけないと感じている。

その変化の仕方が良い方向にいくとは限らないが、先ずは行動してみます。

自分と奴らを信じて。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground