FC2ブログ
2014-01-25

甚目寺カップ 初日

本日は『甚目寺カップ』に参加させて頂きました。

毎年、この時期に行われており、これまでBEATも3年生最後の
試合と位置付けていた。

しかしこの時期、本来は受験の真っ只中。
既に合格発表も貰っている者もいるがほとんどが試験前である為、
今年からは新チームで参戦させて頂く事にした。


今年になってカップ戦も3度目で例年になく良い経験は積ませて
貰っているものの、正直チームとしては全く安定しておらず、まだ
何も出来あがっていない現状。

果たして今日はいったいどうなるんだろうね??

20140125_120131.jpg

本日の予選、BEAT Jr.は6名の2年生に8名の1年生が参加。

今年は圧倒的な力を持ち合わせている最上級学年(現2年生)が
いない為、1年生を含めた全員で競い合わせている最中。

プレイニングタイムの違いはあるものの、今日の初戦でも全員に
「チャンス」は与えてみた。

勿論、決して勝負を捨てている訳ではない。

現状のチーム内で、「チームが勝つ」為にやる個々の動きや役割或いは、
チームのバランスを自らの頭で考えてもらう旨の実践練習も兼ねている。

その中で普段から言われている事をチャレンジしてみたり、自分の足らない
技術面を理解してもらう狙いもある。

しかし、その初戦は「最悪」バージョンからスタート・・・。

兎に角、パスミス、キャッチミス、トラベリング等のターンノーバーが多く、
シュートをするシュチュエーションまでいかない。

さらにBEATのスタイルである「ディフェンス」の「デ」の字も出来ない始末で
結果も当然のように惨敗。


2戦目は先の課題を経て挑んだが、先の試合に比べてはマシになっていった。
ただ、ここぞという時のミスで差が広がり、最後は僅差で敗退。

結果この日の予選は2敗で終えた。

20140125_161848.jpg

対戦相手の力の差があまり変わらない1試合目と2試合目、その内容の違いが
浮き彫りになった理由を考えると、やはり「意識」の違いの差なのかな?

まだ何も出来ていないチームだが、どこに拘るか、最低でもする何をすべきかを
伝えると、先とは違うチームのように変わる。

じゃ「最初から言えよ」となるが、それらは普段の練習、或いはこれまで試合で
言ってきた事なんだよな。

要はそれらが身体に染みついていないというわけだ。


今はただただ「辛抱」、「我慢」して言い続けていくしかないな。


さぁ、明日も頑張ろ!

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground